Kindle Paperwhiteで電子書籍を読んでいて、文字の大きさやフォントを変えたいと思ったことはありませんか?Kindle Paperwhiteなら簡単に文字の大きさやフォントを変更することができます。ここでは変更する手順について詳しく解説します。

STEP1

電子書籍を開いた状態で、画面の上の方(写真の赤丸内の部分)をタップします。

STEP2

画面上部にメニューが表示されます。左端の「Aa」をタップします。

STEP3

文字の大きさ/書体/行間/余白を設定するための画面が表示されます。

  • 文字の大きさは8種類の中から選択できます。いずれか1つを選択すれば、その大きさがすぐに反映されます。
  • フォントは明朝/ゴシックのいずれかを選択できます。
  • 行間/余白は3種類の中から選択できます。

いずれの項目も、指で軽くタップするだけで、変更が電子書籍に反映されるため、どんな見え方になるのかを確認できます。このメニュー画面は閉じるボタン(x)を押すまでは表示されたままなので、自分の気に入ったスタイルになるまで思う存分変更することが可能です。いちいち設定し直さなくてもいいので楽ですね。

文字の大きさを変更する別の方法

上述した方法に加えて、もっと簡単に文字の大きさを変更する方法があります。それは、画面をピンチアウト/ピンチインする方法です。

指で開くように操作するピンチアウトを実行すると、文字が大きくなります。ピンチアウトの度合いが大きければ大きいほど、文字が大きくなります。この操作を行うと、文字の大きさを変えるためのメニューが表示されるので、このメニューの選択しをタップしても変更可能です。

指を狭めるように操作するピンチインを実行すると文字が小さくなります。こちらの操作もピンチアウトのときと同じように実行できます。

文字の大きさだけを変更したい場合、こちらの方法の方が直感的で簡単だと思います。

おわりに

上述した手順を実行すればKindle Paperwhiteの文字の大きさやフォントを簡単に変更することができます。これは紙の本にはないKindle Paperwhiteの大きな特徴の1つです。周りの明るさ、使用している環境に応じて、文字の大きさを変えると読みやすくなります。是非お試しください!

(Photo by筆者)