はじめに

Kindle Paperwhiteでは画面の明るさを簡単に調整できます。周りが明るければ画面も明るく、周りが暗ければ画面も暗くすることで、目の疲れを軽減して見やすくすることができます。

ここでは、Kindle Paperwhiteで画面の明るさを調整する手順について詳しく解説します。

Kindle Paperwhiteで画面の明るさを調整する手順

STEP1

ホーム画面の一番上に表示されるメニューのランプアイコンをタップします。

電子書籍を読んでいる状態で明るさを変えたい場合には、画面の上の部分(写真の円内)をタップして表示されるメニューのランプアイコンをタップします。

STEP2

画面の明るさを調整するためのインジケーターが表示されます。一番上に設定すると画面が一番明るく、一番下に設定すると一番暗くなります。黒くなっている部分が現時点の設定です。

STEP3

明るさを調整するのは簡単。画面を今よりも明るくしたいのなら、インジケータの上の方を、暗くしたければ下の方をタップします。すると、その明るさが即座に反映されます。1つずつ調整していく必要はありません。

まだ明るすぎる/暗すぎる場合には、同じ手順で微調整します。適切な明るさになったら、このウィンドウ部分以外の箇所をタップすれば調整は完了です。

おわりに

このように、Kindle Paperwhiteでは画面の明るさを簡単に調整できるので、ちょっと明るすぎる/暗すぎると感じた場合にはすぐに明るさを調整するといいと思います。こまめに調整することで、目の疲れを大幅に軽減することができますよ。

(Photo by 著者)