はじめに

せっかくnanapiのレシピで自慢のネタを披露したのに、ぜんぜん閲覧数がのびてくれない。

そんな悔しい思いをした事がありませんか。

そこで、ここでは、どうすれば沢山の人に覗いてもらえるレシピが書けるかを考えてみる事にしました。

与えたい情報と求められている情報

まず、はじめに認識しておかなくてはいけないのは、

自分の書いたレシピの情報がどんなに面白くて、ためになったとしても、イコール他人も読みたい情報ではないかもしれない。

と言う事です。

閲覧数が伸びないレシピと言うのは、まず、この点で失敗しているのです。

ランキングをチェックしよう

どんな情報が皆の注目を浴びているのか知りたければ、nanapiのランキングのコーナーを覗いてみましょう。

どんな内容のレシピが沢山の人に読まれているのか、その傾向が何となく見えてくるはずです。

自分が書きたい情報だけではなく、こうした人気レシピのテーマと関連づけた内容にすれば、きっと閲覧者も増えるに違いありません。

このランキングコーナーでは、ジャンル別の人気レシピも分かりますので、どのジャンルの情報がより覗かれやすいかも分析できるはずです。

nanapiのシステムを利用しよう

キーワードを活用しよう

古いレシピはどんどん後ろの方に追いやられてしまう為、それだけ皆に見てもらえる確率が少なくなってきます。

そうした昔のレシピに再び脚光を与えてくれるシステムがキーワードです。

キーワードを検索して、ヒットする事で、だいぶ昔のレシピでも再び皆に読んでもらえる事になります。

キーワード付けは自分のレシピにもできますので、皆が検索しそうなキーワードの単語をどんどん自分のレシピに付けちゃいましょう!

当然ですが、レシピ内容とぜんぜん関係ない単語をキーワードに書いてはいけません。

皆の気を引く冒頭文を書こう

nanapiのレシピの題名は「○○する方法」という形式にあてはめる事を義務づけられている為、ハメをはずした突飛なタイトルで皆の気を引こうと言う戦略が使えません。

しかし、ライフレシピの一覧紹介の欄では、題名といっしょに本文の冒頭も表示されますので、ここは、この冒頭の文章で、皆の気を引きそうなユニークな語りかけをして、読者を引き込んでしまうというのはいかがでしょうか?

おしごとでレシピを書こう

nanapiのレシピを書く方法としては、おしごと(nanapiワークス)として書く形と、コンテンツからライフレシピを書くを選んで執筆する形の二つがあるのですが、断然おしごととして書いた方が有利です。

おしごとで書いたレシピは、採用さえされれば、まずはトップページの冒頭で紹介してもらえるからです。しかも、報酬(ポイント)まで貰えちゃいます。

一方、自分からライフレシピを書いた場合は、テーマこそ縛られないし、好きな時に投稿・公開できるかもしれませんが、最初に掲載される場所がサブページ扱いであり、トップページと比べると、だいぶ目立ちません。

「ライフレシピを書く」で執筆したレシピも、のちにnanapi編集部でチェックを受けたあと、トップページのレシピ一覧の方へ移してもらえるようですが、トップページの冒頭には載せてもらえないみたいなので、おしごとのレシピと比べると、アピール度は弱いです。

おわりに

最新レシピとして、トップページで飾られている時間が長いほど、皆に覗いてもらえる可能性も増えてくる事になります。

nanapiのページをよーく観察していれば、更新されて、新しいレシピが追加される時間帯とか(編集部が休みのせいか)内容がいっさい更新されない日とかも分かってくるはずです。

つまり、こうした更新の時間帯や日にちを上手に見計らって、出来立てのレシピを提出すれば、トップページに長く飾ってもらえるようなタイミングでだって、自分のレシピを公開してもらえるはずでしょう。

このへんの駆け引きについては、どうぞ、皆さんがご自身で研究してみてください。

姉妹レシピ/nanapiワークスで採用される記事の書き方

(Photo by http://www.flickr.com/photos/goodsardine-clean/2654422472/)