はじめに

PCを購入するか自作に挑戦するか迷われてますか?

大変だけれど安くなるという理由で自作を選ぶ人が、以前はとても多かったです。

しかし今は高性能で求めやすいPCが増えましたから、現状での自作のメリットデメリットも変化してきました。

その内容をまとめて皆さんにお伝えしたいと思います。

自作のメリット

1:自分で作り上げる楽しさがある

実際にパソコンを組んでみると案外にすんなりできたという感想をよく聞きます。

パーツも限られていて尚且つパーツから購入出来るお店では親切に詳しく教えて貰う事も出来ます。

なんと自作するためのセットも安く販売しているところもあるのですから、プラモデル感覚ですね。

その中でケースやライトを付けてカスタマイズをするという楽しみの発展にもつながります。

2:トラブルに強くなる

自分でPCを組み上げると、万が一の故障時にどの辺りが壊れたのかを把握しやすくなります。モニターなのかPCの内部のメモリなのか、熱暴走なのか…。

PCは壊れるときは壊れてしまいますから、その都度修理に出すよりも維持するコストは安くなります。

総合的に見てもコストを下げる事にもつながります。

3:友人などに頼られる

これは度が過ぎると迷惑にもなってしまいますが(笑)

今はほとんどの方がPCを扱っています。その際に上記のトラブルがらみやまたは自作をしたいという方が居た際に経験者としてのアドバイスが出来るようになります。

それが縁でお付き合いをするようになった方も居るようです。芸は身を助けるという事でしょうか。

メリットのまとめ:楽しみながらランニングコストを下げ、人とのつながりに応用出来る。

自作のデメリット

1:保障が無い

自作と組み立て済み購入との大きな違いだと思います。

現在はPCを手に入れるコストとして自作も購入も大きな差が無くなってきました。

そこへプラス数千円の料金を払うと数年間故障時の保障がされるというショップでのサービスは、PCの故障で困った経験をした人にとてもありがたいサービスとなっています。

2:OS(Windowsなど)やソフトの購入にお金がかかる

実はお店で組み立て済みのPCには既にいくつかのソフトが入っています。

それは必要最低限なものから入っていますが、それらは大量生産によるソフトの割引き済みのものがほとんどです。

なので自作の際には必要なソフトを買い集めなくてはなりません。そのためにコスト的なメリットが失われる場合というのは大いに考えられます。

言い換えると自作ではソフトなどをお好みで選べるというメリットにもなりますね。

デメリットのまとめ:故障時の保障は付けられない。そして必要なソフトを購入するコストで逆に高く付く場合がある。

おわりに

数年前までは自作には安く出来るという大きなメリットがありました。

今では多くのパソコンブランドがショップ独自のコストカットで安く提供出来るようになったのです。

その変化を乗り越えて残ったメリットというのは、やはり自分の知識となり好みにデザインさえ変えることが出来るという自由度の部分では無いでしょうか。

お部屋の構成に合わせたPCケースを選んだり、思う存分ゲームを楽しめるPCにしたりと自作パソコンには楽しみが奥深く広がっています。

(photo by 足成)