はじめに

よく使うファイルやプログラムをデスクトップに出したり、余計なものを片づけておくのは環境周りの基本ですよね。この記事では、デスクトップへのアイコンの追加と削除の仕方をご紹介します。

著者のOSがWindows7ですので、画像はすべてWindows7のものになります。

新しくショートカットアイコンを作る

step1

ショートカットを作りたいファイル・又はプログラムをデスクトップにドラック&ドロップします。例では、windowsペイントツールのショートカットを作ってみます。

step2

ドラック&ドロップはのやり方は、選択したファイル又はプログラムを左クリックし、クリックした状態のままデスクトップの空いている所まで持って行ってください。上記の画像のような状態になります。こうなったら、手を放してOKです。

step3

デスクトップ上に、新しくショートカットのアイコンが追加されました。

step4

ショートカットの作成は、右クリックメニューからでも出来ます。

ファイル又はプログラムを右クリックすると、上記のようなメニューが出てきますので「送る」を選択してください。更にメニューが出てきますので、「ショートカットを作成」を選択しクリックすると、デスクトップ上にショートカットのアイコンが追加されます。

ショートカットアイコンを削除する

step1

作成時と同じように、削除したいアイコンをデスクトップ上の「ごみ箱」へドラック&ドロップすることでショートカットアイコンを削除できます。

step2

ショートカットの削除も、右クリックメニューからでも出来ます。

削除したいショートカットアイコンを右クリックするとメニューが出てきますので、「削除」を選択してください。これでデスクトップ上から消えます。

デスクトップ上のショートカットを削除しても、プログラムやファイルの元は残ります。デスクトップ上にショートカットでなくプログラムやファイルの元を置いている場合は消えてしまうので注意してください。

初期状態でデスクトップにあるアイコンの追加と削除

step1

デスクトップの、何もないところを右クリックしてメニューを出します。

step2

「個人設定」をクリックして開きます。

step3

左上の、「デスクトップアイコンの変更」を選びます。

step4

デスクトップアイコンの設定が出てきます。表示したい項目にはチェックを入れ、外したいものはチェックを外します。好みの設定が出来たら、「適用」をクリックして終了です。

最後に

デスクトップ周りの操作は、基本中の基本となります。しっかり覚えて、使いやすいデスクトップにカスタマイズしましょう!

(photo by amanaimages)

(キャプチャ画像 著者)