はじめに

著者が登録している「単語登録」の中で便利な使い方を教えましょう。参考までに著者のパソコンは、Windows7 Ultimate 64bitです。メモリーは24GB積んでいます。

登録しておくと便利なキーワード

ポイント1:住所

一番便利なのが「住所」ですしかも、ただの住所ではなく、下記のように3パターンで登録しています。

  • 〒907-023 沖縄県石垣市石垣1234-56
  • 沖縄県石垣市石垣1234-56
  • 石垣市石垣1234-56

会員登録などで住所を入力する場合、県から入力したり、市から入力したりいろいろなパターンがありますよね。このように登録しておくととても便利です。

ポイント2:メールアドレス

著者はいくつかのメールアドレスを使い分けているので「メール」で変換するとそれらの候補がでてきて選択します。入力ミスもなくなり一石二鳥です。

ポイント3:名前

著者の名前は変換してもすぐに出てこないのですが、「名字」をいれて変換すると下の名前も出てくるように登録しています。

ポイント4:使う定型文

メールなどでよく使う定型文を例えば下記のような言葉を登録してみてはいかがでしょうか。

  • 「い」=「いつもお世話になっております。」
  • 「お」=「お世話になります。」
  • 「よ」=「よろしくお願い致します。」

などよく使う言葉を登録すると便利ですよ。

一文字だと頻繁に表示し、むしろうざったくなる場合があります。その時には「いつも」「おせわ」「よろ」などに変更すると良いでしょう。

ポイント5:地名や人名

著者は沖縄に住んでおり、辞書にはない独特な読み方をする施設や地名、人名があります。そんな言葉を登録しています。

  • 「おおはま」=「大濱信泉記念館」
  • 「うがんざき」=「御神埼」
  • 「おおみじゃ」=「大見謝」

ポイント6:署名

メールの最後に記入する署名を何パターンが用意しておき、「しょめい」変換で表示されるようにします。改行してあっても登録できます。

急がば回れ

「単語登録なんかしている時間がもったいない」と思うかもしれません。しかし、長い目で見て登録したワードを覚えておけば驚くほど早く正確に入力することが可能になります。ぜひチャレンジしてみてください。

(photo by 著者)