はじめに

大事なデータを保存するUSBメモリ。最近は32GBなど保存容量が増え、読み込み速度も速く、さらには割安となり、複数のメモリを所有する人も多いのではないでしょうか。

そんなメモリをなくさないための著者のおすすめ対策をお教えします。

STEP1:携帯ストラップをつける

余っている携帯ストラップが家に何本かありませんか?多くのUSBメモリには穴があいているのでそこにストラップを通しておきます。

これだけでかなり違います。

STEP2:ミニポーチに入れる

こんなポーチがあれば一番です。

カバンの中に入れると特に黒いメモリは目立ちません。

これならば一目瞭然です。

STEP3:なくした時のために携帯番号を貼っておく

私はテプラのようなシールで携帯電話番号を貼ってあります。

これならば善意のある人が拾ってくれたらUSB内のファイルを開けずに電話で知らせてくれる可能性があります(ちなみに私はまだなくしたことがなく、効果はわかりません)。

おまけ

パソコンにUSBメモリを差し込む時に、どちらが上か下かで迷うことはありせんか。私は「UP(上)」とやはりシールを貼って簡単に見分ける形もとっています。おすすめです。

おわりに

私は上記のような対策をとっているので、まだなくしたことはありませんが、貴重なデータを持ち運びする人はぜひ上記の対策、できればすべて採用してみてはいかがでしょうか。

(photo by 著者)