はじめに

折角の自作PCもOSを入れなければ不便なPCとなることでしょう。

この記事では使用者の大まかな用途に合わせたOSをご紹介いたします。

この記事は初めて自作PCを作られる方や自作経験の浅い方向けに2013/1/1現在入手可能なOSを紹介しています。

とりあえず迷ったら入れておけば安心なOS

OS選びに迷ったらとりあえずこのOSをインストールするべし。

windows 7

泣く子も黙るMicrosoftが開発したOS。これを入れれば間違いなし。32bitと64bit版があるのでPCのスペックに合わせることをお勧めいたします。

windows7にはHome Premium、Professional、Ultimateなど幾つかのエディションが用意されていますが、Home PremiumかProfessionalを入れておくのが一番無難でしょう。

windows XP

Microsoftが開発した大ベストセラーOS。少々古いOSですが動作は良好です。XPの操作に慣れた方、XPに愛着のある方におすすめです。

このOSにも幾つかのエディションが存在しますがHome EditionかProfessionalを入れておけば問題はないでしょう。

現在販売はほぼ終了し新品の入手が難しくなりつつあるので購入はお早めに。

ゲームが主な用途の場合

自作したPCでゲームがしたい!ってな方はこのOSを入れるべし。

windows 7

上記で説明したとおり無難で優秀なOS。ゲームが主な用途の場合はProfessionalエディションまたはultimateエディションをお勧めいたします。

windows XP

少々古めのゲームやギャルゲーをプレイするならこのOSです。

インターネットが主な用途の場合

「PCってインターネットするくらいしか使わないんだよね~」という方はこちらのOSがおすすめです。

windows 7

性能は上記で説明したとおりです。とにかく無難なOS。

いくつかのエディションが存在しますがインターネットが主な用途ならHome Premiumを入れると良いでしょう。

windows 8

Microsoftが開発した最新のOS。タッチパネル対応。これからが期待される新しいOSです。

時代の波に乗るならこのOSが良いでしょう。(2012/1/1時点)

プログラミングが主な用途の場合

windows 7

性能は上記で散々説明したので省略。プログラミングをするのであればProfessionalエディションがお勧めです。

Linux

無料で使用することの出来るOS。アプリ開発をする方や単にLinuxをいじりたい方向け

正確には「Linux」とはOSの中核であるカーネルの事を指していて全てのLinux系OSが全て無料という訳ではありません。

とりあえずLinux系OSの中では「Ubuntu」が無料かつ安定しているのでお勧めです。

書類作成などが主な用途の場合

windows 7

性能も価格も安定しているのでお勧めです。書類作成などが主な用途の場合はHome Premiumを入れると良いでしょう。

windows XP

長年windows XPを使い操作に慣れているような場合はこちらがお勧めです。Home Editionが良いでしょう。

おわりに

結論として、windows7をインストールしておけば大体の作業はこなせます。

しかし、windows7に対応していないソフトやハードも中にはあるので使用したいソフトやハード、操作の慣れなどを考慮してOSを選ぶことをお勧めいたします。

(photo by 著者)