はじめに

筆者は自作パソコンで使うOSは、「windows8」「windows7」「ubuntu」です。

今回は自作パソコンを考えている人に向けて、これらのOSの特徴を紹介します。

各OSの紹介

windows8

windows8は、マイクロソフト社から出ているOSの中で最も新しいOSです。テレビCMで見たことのある人もいるかと思います。OSが新しくなったため、パソコンの起動がとても早くなっています。

また、このOSは、タッチパネル式の液晶を使っている人にとてもおすすめです。

windows7のような画面表示にすることもできるので、タッチパネル式の液晶を使っていなくて、マウスとキーボードで操作する人にもお勧めです。

windows7

なんでこれよりも新しいOSの紹介をしているのに、その一代前のOSを紹介するのかというと、これにも特徴があるからです。

たとえば、今まで使っていたソフトが使えなくなったら、あなたはどうしますか?

windows8は、発売したばかりのOSです。なので、持っているソフトがwindows8に対応していない場合があります。

このwindows7は、まだ使っている人も沢山いるので、マイクロソフトからのサポート(更新プログラムの配布等)も続いてますし、ソフトも対応しているものが多いです。

なので、windows8に対応していないソフトを持っている人にはこちらをお勧めします。そのソフトがwindows8に対応するようになってから、OSをアップグレードしたらいいと思います。

また、windows7を購入するなら、DSP版をお勧めします。メモリー等、パソコンの部品がついてきて、価格もそこそこ安いためです。google等で、「windows7 DSP」と検索してみてください。

Ubuntu

ubuntuは、無料で配信されているOSです。OSにお金をかけたくない人、お金をかけられない人にお勧めです。

ただし、市販のソフトは、ubuntuに対応していないものも多いです。

無料のubuntuに対応しているソフトを探すから、市販のソフトはあまり使わなくていい。という人にお勧めです。

おわりに

OSはたくさんあります。だから迷うのはしょうがないと思います。

さまざまなOSを調べ、その中から1番よかったOSを使うのがいいと、筆者は思います。

(photo by amanaimages)