はじめに

データがある場合、PowerPointに表を挿入すると、より見やすくスライドを作成することができます。表にすると、見やすくなるのもいいところです。

ここでは、PowerPoint2010で表を作成する方法を紹介します。

ここではWindows7、PowerPoint2010を使っています。

表を作成する方法

STEP1:『挿入』をクリックする

メニューバーの『挿入』タブをクリックします。

STEP2:『表』アイコンをクリックする

『表』アイコンをクリックします。

STEP3:列数と行数をポイントする

挿入したい表の列数と行数を、マウスでポイントしながら動かします。

ポイントした数だけ、黄色枠になります。

STEP4:最終の枠をクリックする

ポイントした最後の枠をクリックします。

すると、表を挿入することができました。

STEP5:ドラッグする

枠線にカーソルを合わせて、任意の位置までドラッグして表を移動します。

表の挿入完了

表の挿入をすることができました。

おわりに

表の挿入は、枠をポイントして列数と行数を指定するだけだから簡単です。資料を作成するときにも役立つ機能です。

ぜひ活用しましょう。

(キャプチャ by 著者)