先日、それまで使用していたマウスが反応しなくなったので、新しいものに買い換えました。実際にお店で数多くのマウスを手に取ってみて、著者が最も使いやすいと感じたものが、iBUFFALOの「BSMOW08」というマウスでした。ここではそのオススメのポイントを紹介していきます。

マウスを選ぶ時のポイント

1:商品を実際にさわって決める

マウスを買うときは、ネット通販で買わずに、サンプルがたくさん置いてあるお店でいつも選んでいます。ネットの評判がよかったからと言って、商品を見ずに買ってしまったりすると、実際使いものにあたってしまうこともあります。毎日手にとって使う道具なので、なるべくなら実物を触ってみてから選ぶ方が間違いがありません。

2:なるべくコンパクトなもの

家で使う分には大きくてもいいのですが、ノートPCと一緒に持ち歩いたりすることを考えると、あまり大きなものを選ぶと邪魔になってしまいます。好みもあると思いますが、著者はマウスを買うときはなるべくコンパクトなものを選びます。

詳細はこちらをご覧ください→商品リンク

BSMOW08をオススメするポイント

1:手に馴染む

何といってもこれが一番のポイントです。

マウスのシルエットはこんな形で、両側面が少しくびれていて、ちょうど親指と薬指ではさみ易くなっています。

また、少しわかりにくいかもしれませんが、マウスの側面下部に左右ともに小さなくぼみがあります。このくぼみに親指と薬指のそれぞれの指の腹をあてると、まるでマウスが手にピタッと貼りつく様な感覚を得ることができます。

実際にお店で20個以上のマウスを手にとってみましたが、このように、ピタッとフィットする感覚が得られたマウスはこれだけでした。その点がそのまま購入の決め手になりました。

大きさも小ぶりなものだったので満足しています。

2:手頃な値段

定価は2500円ほどなのですが、実勢価格は1000円弱とかなりリーズナブルです。小型レシーバー付きの無線マウスで、USBポートさえ空いていれば、余計な設定もなくそのまますぐに使えます。

実際に使ってみた感想

安かったので最初は少し不安でしたが、実際に使ってみても、電波の届き具合、クリックの反応、マウスの感度など、特にストレスを感じることもなく、充分に使えています。ただかなりコンパクトなモデルなので、手の大きな男性などは使いにくいかもしれません。

おわりに

PCのパーツのなかでも、特にマウスは写真だけではその使い勝手のよさがわからないもの。頻繁に使うものなので、なるべく自分に合うものを探すことをオススメします。

(photo by amanaimages)

(photo by 著者)