電波が通じない!なんでこんな時に・・・

ふとiPhoneを見たら圏外になっていたなんて経験がみなさんありますよね。圏外どころかLTEの範囲内なのに3Gの表示すらでないなんてことも。

困ったことに一度こうなると復活するまでに10分程度時間がかかることもあります。メール、乗り換え案内など、急いで何かをしたい時に電源入れなおすなど待っていられません。

スマートフォンが使う通信の種類は複数あり、Wi-Fi、3G、LTEと、環境によって通信を切り替えます。しかし、この通信を切り替える際にうまくいかないと圏外になり、なかなか回復しません。

かえって通信環境が充実していると思われる街中の方がよく起きる現象です。

すぐにでも電波が回復しないと何もできない!とイライラする前に、これをやればすぐ復活します。

テスト環境:iPhone5 iOS 6.0.2

電波を回復させる方法

機内モードを変更することで電波を回復させましょう。

STEP1

まずは設定画面上部にある『機内モード』を確認しましょう。今は機内モードが『オフ』になっています。

STEP2

『機内モード』を一度『オン』にします。そうすると圏外の表示が飛行機のマークに変わります。

STEP3

再度機内モードを『オフ』にします。すぐに飛行機マークが『検索中』となり最適な電波を探します。

これで、最適な通信に再接続してくれます。

機内モードは名前からの想像通り、飛行機に乗る際に余計な電波で影響がでないよう通信を切る機能です。

日本の場合は電源を切ってくださいと言われるので、あまり使用する機会はないですね。

しかし、この通信のオンオフできる機能のおかげで、電波がうまく取得できていない際に機内モードをオンにすることで通信が切れ、再度オフにすることで通信が使用可能な状態となり、最適な通信を探しに行ってくれます。

これで電源を切らずに圏外からすぐにLTEへと復活してくれるのです。

但し、LTEの範囲の境目の辺りなどでは電波が安定せずLTEになってもすぐ3Gになることがあります。

しかし、3G通信が届いていれば圏外から3Gにはなってくれます。そこは圏外よりマシと考えるしかないでしょう。

後は、各キャリアで快適な通信環境をもっと増やしてくれるように期待しましょう。

(photo by 著者)