はじめに

ホームページをつくりたいと思ったとき、「作成ソフト」を使いたいと思うということは?
つまり、初心者であるということになるでしょう。

ホームページをつくるには、HTMLの知識が必須となりますが、かなり前から、いちいち自分でHTMLをコードしなくても済むようにその作業を代行してくれるソフトが多数流通しています。

今のような時期に、初心者が手っ取り早くホームページ作成をしたいときに
役立つソフトを著者の経験を土台として説明します。

(photo by http://pro.foto.ne.jp/)

有名なホームページ作成ソフト

ホームページ作成ソフトにも種類があって、細かく数えていくときりがないのですが、
よく話題になっているのはこの2点ではないでしょうか。

  • ホームページビルダー
  • Dreamweaver
前者は、実は初心者向けの定番、後者は上級者向けの定番といった趣がありますね。

その他、よく使われるサービスに「CMS」というものがあります。
これはブログやホームページのようなフォーマットがあらかじめ準備されているシステムです。

このジャンルで有名なものに次のような種類があります。

  • WordPress

初心者は、このWPを使ってもOKなのですが、
ここで著者は多少違った種類を起用することにしました。

最近の初心者が優先したい項目について

筆者がそもそもホームページを手っ取り早く用意したいと感じたのは、
アフィリエイトのような目的でWebサイトを使いたいと思ったためです。
ここで大切なのは、

  • 手間がかからない
  • 操作が難しくない

といったことだけではなくて、

  • シンプルすぎるホームページにならない
  • つくったホームページがしっかりとネットユーザに見てもらえる

といったことです。

簡単かつ効果の高いホームページ作成に使えるのは?

現代のホームページ作成を支援してくれたのは?

ここで役立ったのは

  • シリウス

というソフトです。

シリウスは当初「アクアス」といったネーミングだったそうですがヴァージョンアップを続ける途中で「シリウス」に変わりました。

このシリウス、時間をかけずに、「いっぱしのホームページ」をつくることができます(それも量産することができますね!)。
選んだ理由もまさにそこだったのですが、使ってみて実感できました。携帯用のサイトも合わせて用意できるのです。

そしてシリウスのいいところはもうひとつ、自動的にリンクを集める機能が用意されていることです。これを使うと、ユーザにアクセスされやすくなるホームページにすることができます。

シリウスと、他のソフトとの比較

実は、「ホームページビルダー」のようなソフトでは簡単すぎる上についている機能もサービスも少なすぎて、お粗末なホームページしかつくり出せません。

簡単でもいい……とはいっても、レベルが低いことが一見してわかるとおそらくユーザに見てもらえません。

本当は、DreamweaverやGo liveといった、業務で実際に使われてきたソフトのほうがいいのですが、これらは相当説明書やガイドブックを読み込んで練習しないことにはおそらく使いこなせません。

おわりに

著者は、簡単さや効率のよさ、そして出来上がりの完成度等をふるいにかけて今回のチョイスを行いました。

しかしホームページ業界は動きが急で、どんどん新しい技術が誕生します。今後は他のソフトがもっと便利になっていくかもしれません。

できるだけ情報を集めて、ソフトを選ぶようにしましょう。