非常に高機能なiPhoneですが、使っているうちに「この機能があったらいいのに…」と感じることもあるのではないでしょうか。今回はiPhoneをより高機能にしてくれる実用性の高いケース・カバーをご紹介します。

iPhoneをおさいふケータイのように使いたい人向け

通勤や買物の際にiPhoneをおさいふケータイのように使いたい人向けなのが、iPhoneにスマートフォンを貼り付けられるタイプのiPhoneケース・カバーです。

iPhoneケースや・カバーでSuicaを搭載出来るものはたくさんあります。薄型でiPhoneの背面にシールで貼り付けるタイプのカバー型のものや、iPhone全体をカバーするシリコンやプラスチック、アルミ製のケースのものがあります。

電気屋さんやネットショップで好みのデザインや材質のものを選びましょう。

筆者が今気になっているのはShinji Pouchというカバータイプのものです。

iPhoneを外でガンガン使いたいけどバッテリーが不安な人向け

iPhoneを屋外でガンガン使いたいけどバッテリーの減りが心配な人には、充電バッテリーを内蔵したiPhoneケースがおすすめです。

このケースのメリットはiPhoneと一体化するのでモバイルバッテリーよりもかさばらないこと、逆にデメリットはバッテリーの重さでどうしてもiPhoneが重くなってしまう点です。

選ぶポイントは重量やバッテリーの容量、そして価格です。バッテリー内蔵タイプはどうしても一般のケースより高くなってしまうので予算に合わせて選びましょう。

筆者が見た中ではEN-458というケースが薄く、容量、価格ともにバランスがいいと感じました。

とにかく頑丈さを重視したい人向け

アウトドアが好きでiPhoneを誤って落としてしまうことが心配な人には頑丈さを重視したiPhoneケースがおすすめです。

筆者がネットで見かけたもので一番頑丈そうだと思ったのはCase-mate Tank Caseというケースです。こちらはアメリカ軍の軍用規格をクリアした頑丈さが売りのケースです。

なんとタッチパネル部分にはスライド式のシールドが用意されており、iPhoneのどの面もカバー出来るそうです。

iPhoneケースを選ぶ時の注意点

ポイント1: 実物を確認する

可能なら現物を電気屋さん等で一度見ることが大事です。一度実際に現物をチェックして質感や重さ等を確認しておくと失敗がないです。

ポイント2:自分の使用しているiPhoneの銘柄に合ったサイズのものを選ぶ

意外とミスしやすいのがサイズの間違えです。iPhoneは世代で形状も異なっており、違う世代のケースは基本的に装着することが出来ません。必ず自分の使用している銘柄にあったケースを選びましょう。

最後に

いかがだったでしょうか。毎日使うiPhone、ケースにもこだわりたいですよね。おしゃれなだけでなく実用性のあるケースを使うと、より便利にiPhoneを使うことが出来るので、皆様も目的に合ったiPhoneケースを探してみてください。

(photo by amanaimages)