はじめに

当記事では、Word 2010で散布図のグラフを作成する方法をご紹介します。

当記事ではWindows 7をOSとして使用しています。

Word 2010で散布図のグラフを作成する方法

STEP1: 起動

「スタート」→「すべてのプログラム」→「Microsoft Office」→「Microsoft Word 2010」の順にクリックし、起動します。

STEP2: 初期画面

上の図のような画面が開きます。これがWord 2010の初期画面です。

STEP3: 「挿入」を選択

画面上部の「挿入」をクリックします。

STEP4: 「グラフ」を選択

画面上部の「グラフ」というアイコンをクリックします。

STEP5: 「散布図のグラフ」を選択

「グラフの挿入」というウィンドウが開きます。この中に「散布図」という項目があります。クリックすると、上の図のように、5種類の散布図のグラフが表示されます。この中からひとつクリックしてみましょう。

STEP6: 二画面構成

クリックすると、上の図のように、散布図のグラフが表示されたWordの画面のとなりにExcelの画面も同時に開きます。この二つの画面は連動しています。

STEP7: Excelの表

このExcelの表の数字は変更することができます。数字が表示されているセルをクリックし、試しに数字を入力してみましょう。

STEP8: Excelの表の数字変更

上の図は、数字変更前の表と変更後の表を並べたものです。このように、表内の数字はすべて変更することができます。

STEP9: グラフのかたちの変化

上の図は、Excelの表内の数字を変える前のグラフと、変えた後のグラフのかたちを並べたものです。このように、Excelの表の数字を変えることで、Word側のグラフのかたちを変えることができます。

注意点やポイント

Word側のグラフとExcel側の表の二つの画面のどちらかを閉じないように注意します。

おわりに

Wordの散布図のグラフにはあと4種類あります。他のグラフも作成すると、表内の数字を変えることで、かたちを変えることができます。便利な機能ですので、おススメします。

(キャプチャ by 著者)