はじめに

当記事では、Excel 2010でブックの共有を解除する方法をご紹介します。

Windows 7をOSとして使用しています。

Excel 2010でブックの共有を解除する方法

STEP1: Excel起動

「スタート」→「すべてのプログラム」→「Microsoft Office」→「Microsoft Excel 2010」の順にクリックします。

STEP2: 初期画面

上の図のような画面が開きます。これがExcel 2010の初期画面です。

STEP3: 「ファイル」を選択

画面上部の「ファイル」をクリックし、その中の「開く」をクリックします。

STEP4: ファイルを検索

「ファイルを開く」というウィンドウが開きます。この中で、共有を解除したいファイルを探します。目的のファイルが見つかったらクリックし、「開く」ボタンをクリックします。

STEP5: ファイルが開いた状態の画面

上の図は、「abc」という名前のファイルを開いた状態の画面です。ファイル名のとなりに「共有」と表示されています。この共有を解除していきましょう。

STEP6: 「校閲」を選択

画面上部の「校閲」をクリックします。

STEP7: 「ブックの共有」を選択

画面上部にある「ブックの共有」というアイコンをクリックします。

STEP8: チェックをクリック

(1)「ブックの共有」というウィンドウが開きます。この中の「複数のユーザーによる同時編集と、ブックの結合を許可する」という項目にチェックが入っています。このチェックをクリックします。

(2)チェックが外れたら、「OK」をクリックします。

STEP9: 注意

上の図のようなウィンドウが表示されます。「はい」をクリックします。

STEP10: 「共有」解除

画面のいちばん上を見ると、ファイル名のとなりにあった「共有」の表示がなくなっています。これで、ブックの共有を解除することができました。

注意点やポイント

一度共有を解除すると、それまでのファイルの変更の履歴が削除されます。そのため、複数の人の間で共有しているブックの場合は、注意してこの方法を行ってください。

おわりに

共有が解除されたブックは、個人で編集し、上書き保存できるようになります。便利な方法ですので、お試しください。

(キャプチャ by 著者)