はじめに

著者が使用しているのは、Windows 7です。

今回はExcel 2010でリストオートフィル機能を使う方法を紹介します。

Excel 2010でリストオートフィル機能を使う方法

STEP1: 「ファイル」タブをクリックして「オプション」を実行します。

「ファイル」タブをクリックして「オプション」を実行します。

STEP2: 「詳細設定」を選択します。

「詳細設定」を選択します。

STEP3: 「データ範囲の形式および数式を拡張する」をチェックします。

「データ範囲の形式および数式を拡張する」をチェックします。

リストオートフィル機能をオンにすることができます。これで使用できるので完了です。

注意やコツ

リストオートフィル機能とは、既に入力されているデータ範囲の次の行や列に入力すると、書式や数式が自動的に追加される機能です。

入力したセルの上にある連続した5つのセルの内、3つ以上に同じ書式や数式が設定されているとこの機能が働きます。

おわりに

参考になりましたでしょうか。是非お試しください。

(photo by amanaimages)

(キャプチャ by 著者)