はじめに

グーグルドライブは、ファイルを共有するときに使う便利なサービスです。そのGoogleドライブを使って、HTMLやCSSなどの静的なWebページを公開できることをご存知でしょうか?

2013/02/05くらいから開始されているらしいのですが、サーバーを持っていなくてもサイトを静的なサイトであれば公開できるため、使い方によっては非常に強力です。

そこで、GoogleDriveを使った静的ファイルの公開方法を紹介いたします。

やり方

STEP1

マイ ドライブ - Google Drive にアクセスする。

STEP2

「作成」から「フォルダ」を指定します。

STEP3

好きなフォルダ名をつけます。

STEP4

作成したファイルにチェックを入れて、「その他」から「共有」を選び、さらに「共有」をクリックします。

STEP5

アクセスできるユーザーというところの「変更」を押して

次のページでウェブ上で一般公開を選択し、「完了」ボタンを押します。

STEP6

そのフォルダにアップロードしたいHTMLやCSS、Javascriptのファイルをアップロードします。

STEP7

アップロードしたHTMLのファイルを開きます。

STEP8

「プレビュー」をクリックします。HTML内の日本語は文字化けしますが、無視してください。

STEP9

これで誰でもアクセスできるようになりました。

おわりに

メインでWebサイトを公開するときなどにはあまり使えないとは思いますが、ちょっとしたHTMLの表示などを他の人に送ったりするなど、様々な場合に活用できそうですね。

オススメです!

Googleドライブ(Google Drive)」の使い方 - nanapi Web