はじめに

著者が使用しているのは、Windows 7です。

今回は自動記録で作成したマクロを実行する方法を紹介します。

自動記録で作成したマクロを実行する方法

STEP1: 「マクロ」をクリックします。

開発タブの「コード」 グループにある「マクロ」をクリックします。

STEP2: 「実行」をクリックします。

マクロ名「Macro1」を選択して、「実行」をクリックします。

STEP3: 「Macro1」が実行され「品名」の昇順に並べ替えられました。

「Macro1」が実行され「品名」の昇順に並べ替えられました。

STEP4: 「マクロ」をクリックします。

開発タブの「コード」 グループにある「マクロ」をクリックします。

STEP5: 「Macro2」を選択して、「実行」をクリックします

「Macro2」を選択して、「実行」をクリックします

STEP6: 「No」の昇順に並べ替えられました。

「Macro2」が実行され「No」の昇順に並べ替えられました。

このようにすると完了です。

注意やコツ

上記は記録したマクロをリボン操作で実行する例です。

おわりに

参考になりましたでしょうか。是非お試しください。

(photo by amanaimages)

(キャプチャ by 著者)