はじめに

WindowsとMacのデスクトップ画面はほぼ同じスタイルなので、「Windowsが使えれば、Macも同じように扱える」と甘く考えている人も多いかもしれません。

いえいえ、Macをあなどってはいけませんよ。

実は、Macのマウスにはボタンが一つしかないのです。つまり、Windowsの右クリック機能が備わってないのであります。

Macで右クリックする方法

Windowsの右クリックをフル活用している人は、この事実(Macでは右クリックできない)で、いきなりMac操作につまづいてしまう事でしょう。

では、Macでは、どうすれば「Windowsの右クリック」と同じ操作が出来るのかと言いますと、実は何て事ない、Macの画面上部にプルダウンメニューがありますので、それを使えばいいのです。

プルダウンメニュー

たとえば、こちらがWindowsで右クリックした時に出てくるメニューの一例です。

Macで、これに該当するメニューは、「編集」をプルダウンさせれば、得る事ができます。

しかし、右クリックに慣れている人には、頻繁に画面上部にまでカーソルを持っていって作業するのは合理的じゃないように感じられるかもしれません。

そこで、Mac愛用者にとって、もっとポピュラーな使い方がショートカットなのであります。

ショートカット

上に貼付したMacのプルダウンメニューを見ていて、気付かれたと思いますが、いくつかの項目の右側には、何やら記号が記されています。

これがショートカットです。

この記号どおりに、キーボードの複数のボタンを同時押しすれば、左に書かれた項目と同じ効果を得られると言う訳です。

たいがいは、commandボタンと別のボタン一つを同時押しする形になっています。

特によく使うショートカットを紹介しておきましょう。

  • カット   command+X
  • コピー   command+C
  • ペースト  command+V
  • 全て選択  command+A
  • 取り消し  command+Z
  • 保存    command+S

Macを使う場合、右手にマウスを持ち、左手でショートカットを操作するのが、基本的な作業スタイルとなる訳です。

上記のよく使うショートカットは、まさに使いやすいように、commandボタン周辺の英字ボタンばかりが割り当てられています。
  • commandボタンの位置

おわりに

さて、Macでは本当に右クリックができないのでしょうか。

実は、この答えはNOなのです。

最新機種のMacには、Boot Campという機能が標準装備されていて、MacパソコンでWindowsそのものも使えちゃうのであります。

Windowsならば、当然、右クリックができるはずですよね?

そうです。Boot Campを使って起動させた「Mac内のWindows」では、マウスのボタンが一つであるにも関わらず、右に傾けてボタンを押すという方法で、右クリックが可能なのでした。

本当にMacとはあなどれないパソコンなのです。