最も普及している表計算ソフト「Excel」における、絶対参照と相対参照についてご紹介いたします。

参照とは?

Excelで数式を使用する際に、とあるセルに記述した数式を他のセルにコピーしたとき、どのセルを参照するように設定するのかということです。

絶対参照

数式をコピーしても特定のセル、特定の行、特定の列を参照するということです。

セルに書かれた値などを使用する際に、使用者側が「絶対にこのセルを参照する!」「絶対にこの行を参照する!」「絶対にこの列を参照する!」と、いうように特定したい場合に用いる参照設定の方法です。

記述方法は、参照したい行列番号の前に"$"を付けるだけです。

  • セルの絶対参照:$A$1・・・絶対にA列目の1行目を参照するという意味。
  • 行の絶対参照:A$1・・・絶対に1行目を参照するという意味。
  • 列の絶対参照:$A1・・・絶対にA列目を参照するという意味。

相対参照

数式をコピーしたとき、コピー先のセルの番地(行列)に応じて、自動的(相対的)に参照先のセルを変えるということです。

記述方法は、行列番号をただ記入するだけです。

  • A1・・・A列目の1行目を参照するという意味。

使用例

下図の使用例をご覧ください。

生徒の成績表をもとに、絶対参照と相対参照で表を作りました。水色部分にそれぞれ絶対参照と相対参照で数式を記述して、隣の列に数式をコピーした結果です。

使用目的

絶対参照と相対参照の使用目的は、表計算する上でどこのセルを参照させるかというところにあります。

おわりに

表作成において、絶対参照と相対参照は避けて通れぬ道ですが、この参照方法さえ覚えているのと覚えていないのでは、作成時間と品質に大きく差がでます。

ちょっとした空いている時間などを利用して、ご自身で表作成を通して理解を深めていただければと思います。

(キャプチャ by 著者)