はじめに

メールやインターネットの陰に潜んでいるコンピューターウイルス。もし感染してしまったら、自分のパソコンが使えなくなるだけではなく、メールやデーターのやりとりをしている相手にも迷惑がかかります。

ウイルスって何のことだかよくわからない、とおっしゃる方は、まずコンューターウイルスについての基礎知識をご覧ください。

では、ウイルスの感染を防ぐには、どうしたらいいでしょうか。この目に見えない悪質ないたずらからパソコンを守る方法を、いくつかご紹介します。ご自分に合った方法を選んでくださいね。

ウイルス対策のソフトを購入する

ウイルス対策用のソフトを購入し、自分のパソコンにインストールする方法です。パソコンショップ、家電店、書店、ネットショップなどで本体を購入する方法と、インターネット経由でダウンロードする方法があります。

これをパソコンにインストールしておけば、パソコンのデーターの出入りをすべて管理し、そこに不正なプログラムがないかどうかを常に監視してくれます。

新しいウイルスの情報も、インターネット経由で常に取得できますので、安心です。

購入した後に一定の期間が過ぎると、更新料の支払いが必要なものが多いので、注意が必要です。この更新を怠ると、ウイルスチェック機能も働かなくなり、何の意味もなくなります。

よく使われているウイルス対策ソフトには、こんなものがあります。

1年ごとの更新です。
Norton Internet Security 2011
3年分の更新料が含まれています。
ウイルスバスター2011 クラウド 3年版
安価で更新料も一定期間無料。初心者に人気のようです。
ウイルスセキュリティZERO 1,980円

プロバイダのウイルス対策オプションを利用する

近年は多くのインターネット接続会社(プロバイダー)が、ウイルス対策機能を有料で提供しています。

ソフトを買うのと比べると割高になるかもしれません。ですが、月々の利用料と一緒に支払いをするので、更新期限切れの心配もなく、常に最新の情報で保護してもらえるため、安心という面もあります。

一度、ご自分が加入しているプロバイダーのホームページを確認してみてください。
Yahoo!BB
OCN
@nifty

無料のセキュリティソフトを使用する

フリーウエアと言われる、無料のセキュリティソフトもありますが、一般的にマニュアルも充実しておらず、コンピューターについてのある程度の知識を持っている方を対象に公開されているものが多いです。

サポートもしてもらえないものが多いので、注意が必要です。

おわりに

毎日、新しいウイルスが世界のどこかで作られ、広がっているのが現状です。「自分には関係ない」と思わないでください。

自分と、自分のお知り合いをウイルスの脅威から守るために、自分にあった方法を選んで、今すぐセキュリティ対策をお願いします。インターネットを遣う上での、最低限のエチケットです。