はじめに

HDDはソフトの起動などに直結する部品です。なので悩む人も多いでしょう。なのでここでは、HDDの選び方について説明したいと思います。

用途別のHDDの選び方

高速なものがほしい人(例えば画像などの編集をよくやる人)

このような人は、HDDのカタログでは「回転数」のところを見てください。この数値が大きいほど速度が速いです。(rpmという単位で表記されている)

筆者は、7200rpmの物をお勧めします。10000rpmもあるのですが、非常に高いです。それに対して7200rpmはコストパフォーマンスも非常に良いため、お勧めします。

このような種類の製品の中でおすすめなのは、東芝から出ている「DT01ACA100」です。価格も安いうえ、回転数も7200rpmと速く、容量も1TBと多いためです。

もし、これ以上のスピードを求める場合は、SSDをお勧めします。

容量を重視したい人へ(例えばパソコンでTV番組を取る人)

このような人は、HDDのカタログなどで容量の欄を見てください。この数値が大きいほど容量が多いです。

最近は3TBや4TBの物も出てきていますが、価格が非常に高いです。(詳細はこちら→ST4000NM0033

しかも、使えないパソコンもあります。マザーボードや、OSが3TB以上のハードディスクに対応していないと使えません(詳細はこちら→HDD 2TBの壁

このことを注意したうえで購入するんであればおすすめします。

おわりに

HDDの選び方は基本的に上の2つです。これらを把握し、よいHDDをゲットしてください!

(photo by amanaimages)