はじめに

家庭内無線LAN(Wi-Fi)のパスワードがわからなくなった場合の対処方法を紹介します。

筆者の場合、無線LANルーター機能を有しているものを使用していますが、アクセスポイントとして利用しています。
詳細の方法は、お手持ちの機器の取扱説明書をご覧ください。

対処方法その1:WPSやAOSS機能を用いて、簡単に再設定をしてみる。

無線LANルーターや、接続する機器が、ワンプッシュで設定できる機能があれば、まずこの機能を試してみます。

この場合、無線LANルーターにログインをする必要がありません。

STEP1:無線LANルーター/アクセスポイントのWPSまたはAOSSボタンを5秒間程度押す

STEP2:利用する端末で、WPSまたはAOSSボタンをクリック、またはタップする。

詳しくは、下記記事の、利用する端末で、WPSボタンを押す方法、及び、端末の取り扱い説明書を確認して下さい。

STEP3:反応がない場合、再び、無線LANルーター/アクセスポイントのWPSまたはAOSSボタンを5秒間程度押す

対処方法その2:無線LANの共有キーを直接覗いてみる

無線LANルーターの管理画面にログインをして、SSIDに対する共有キーを直接除いて、そのキーを用いて再接続をします。

STEP1:無線LANルーターにログインして、SSIDに対するパスワード、または共有キーを表示する。

STEP2:利用する端末で、表示されたパスワード、または共有キーを入力する。

対処方法その3:無線LANの共有キーを再設定する

一部の無線LANルーターでは、共有キーを覗くことができません。その為に、共有キーを再設定を行ないます。

このとき、パスワード、または、キーの部分が、入力可能になっていますので、そのまま新しいパスワードを入力して、設定完了をします。

STEP1:無線LANルーターにログインして、SSIDに対するパスワード、または共有キーを設定できる画面に移動する。

STEP2:共有キー、または、パスワード入力画面で、任意でパスワード、または共有キーを入力する。

パスワード、または共有キーは、最低でも16文字確保するようにして下さい。

STEP3:利用している全ての無線LAN、Wi-Fiで接続している機器の共有キー(パスワード)を再設定する。

利用する端末で、WPSボタンを押す方法

無線LANを利用する端末で、WPSボタンを押す方法の一例を紹介します。

この記事では、Android 2.3.4 Softbank 003SHを対象としています。

STEP1:端末設定をタップ

ホーム画面で、メニューキーを押して、端末設定をタップします。

STEP2:無線とネットワークをタップ

無線とネットワークをタップします。

STEP3:Wi-Fi設定をタップ

Wi-Fi設定をタップします。

STEP4:Wi-Fi簡単登録

Wi-Fi簡単登録をタップします。

STEP5:簡単登録の設定方法の選択

今回は、WPSで登録します。お使いの無線LANルーター、または、子機によって異なります。

STEP6:プッシュボタン方式をタップ

プッシュボタン方式をタップします。

STEP7:親機のWPSボタンを押して、確認をする

親機のWPSボタンを5秒程度押してから、確認で、「はい」をタップします。

STEP8:WPSの信号を待つ

このまま画面が変わるまでしばらく待ちますが、30秒程度、反応がない場合、再び、親機のWPSボタンを押します。

STEP9:登録完了

おわりに

無線LANは、外部からのインターネット不正利用やLANへの不正侵入を防ぐために強固なセキュリティーがあるものの、自らが忘れてしまえばアクセスできない自体になってしまいます。

このハウツーを覚えておくことで、万が一の時に思い出して対処できるようになっていたいものであります。

(photo by 著者)

(キャプチャ by 著者)