USBメモリは持ち運びができて小さく、とても便利です。筆者は過去に色々なタイプを使ってきましたが、今は一種類に決めています。

決め手になったポイントなど、ご紹介します。

最初は便利かと思った「キャップ式」

使い始めたころは、差し込み部分にキャップがついたものを使っていました。

差し込みのところにほこりや傷がついたら良くないし、ストラップをつける部分もあったのでいいかなと。

個数が増えるとキャップをなくしてしまう

筆者はUSBを一つではなく、いくつかに分けて使っています。

当初はキャップ付きでもそう不便はなかったのですが、個数が増えるに従って、キャップの付け外しが面倒になってきました。

つい外したままにしてしまい、なくしたりもしましたし。

ノック式を発見!

いくつか使っているうちに、画像のようなノック式のものを見つけました。

色は違いますが、両方とも同じ種類です。

ボールペンのように押すと差し込み口が出てくるという簡単な作りなのですが、キャップをなくしてしまう筆者にはとても便利でした。

また、画像は2色ですが、ほかにも色があり、色別に用途を分ければ使い分けられるということで、複数持っていても間違えるということもないです。

おわりに

家庭で気軽に使うというより、仕事で使う方やデータ量が多い方、複数のメモリを使い分けたい方にお勧めのメモリでした。

今は色々なデザインのものも増えましたので、機能もデザイン重視も含めて楽しく選ぶと良いと思います。

(photo by 著者)