携帯電話の料金体系は複雑な仕組みで、パッと見ただけで理解するのはなかなか難しいものです。

ここでは、キャリアによって名前の異なるプランなどを調べるコツをご紹介します。

用意するもの

  • 携帯電話の料金明細
  • カタログ (各キャリアの最新のもの)

携帯電話の料金比較のコツ

STEP1: 料金明細の確認

最初に携帯電話の料金明細を確認します。
基本料金、パケット通信料もしくは定額プラン、オプションが特に重要な項目です。

自分がどのようなプランに加入していて、毎月の支払いの内訳はどうなっているのか知ることができます。

できれば過去数カ月分の明細を並べて比較すると良いでしょう。

明細書は郵送の他にウェブ上で閲覧することもできます。

画像は、明細書の一例です。

STEP2: カタログの入手

次にカタログを利用して各社の料金プランを比較します。
カタログは家電量販店で入手できます。

料金プランに変更があるかもしれないので、カタログはできるだけ最新のものを利用するようにしましょう。
毎月、発行しているキャリアもあります。

キャリアのウェブサイト上にも料金プランの説明などは掲載されていますが、わからない単語が出てくるたびに検索するよりは、カタログを並べて見比べたほうが効率も良いです。

番外編

カタログは家電量販店でも入手できますが、各キャリアの携帯ショップに行くという方法もあります。

そのついでに、自分の契約しているキャリアのショップで、加入している料金プランが自分の利用状況にマッチしているかどうか調べてもらうことができます。

その際、おすすめのプランも教えてもらえるので、時間のある時にショップへ足を運んでみるとよいでしょう。

STEP3: 比べる

実際に料金を比較するときも、特に注意して見るところはSTEP1と同じです。
定額プランはキャリアによって名称が全く異なるので気をつけなければいけません。

今自分が契約しているキャリアのプランが、他社のどのプランと対応するのかをよく確認しましょう。

定額料金が2段階に設定されていたり、パケット量の上限が決まっていたりするので、自分の使い方に合わせてお得なものを選ぶ必要があります。

料金設定を知り「自分がそのキャリアで契約していたら、毎月いくらくらいかかるのか」ということを考えると、わかりやすく比較できます。

おわりに

携帯電話の料金体系は複雑です。
けれども携帯電話は生活に欠かせないものというのも事実です。

今後はもっとスマートフォンが普及し、ますます手放せないものとなるでしょう。

お得に使うためにも、一度、料金プランを見なおしてみることをおすすめします。

(photo by amanaimages)
(photo by 著者)