はじめに

メモリはパソコンにとってとても重要なパーツです。そのパーツをどう選ぶか、それについて説明していきます。

価格で選ぶ人へ

価格で選ぶ際には、204PIN SO-DIMM DDR3-1333 PC3-10600 4GBなどがお勧めです。

価格が安いものは、サポート体制が悪い場合があるので注意!

しかし、すべてのメーカーがサポート体制が悪いというわけではありません。特に、「バッファロー」というメーカのメモリが安く、サポート体制がしっかりとしているのでお勧めです。

様々なメーカーのメモリを買ってみて、コストパフォーマンスがいいものを探しましょう!

マザーボードに対応しているメモリを探す。

マザーボード(パソコンの平らなパーツ)の説明書を出してください。そこに「対応メモリ」などと書かれていて、そこにDDR3-1333などと書かれています。これがそのマザーボードに対応しているメモリの型番です。

「マザーボードに対応しているメモリの型番+価格」で検索すれば対応するメモリが載っているサイトが出てきます。

ギガ数(メモリの容量)で選ぶ

メモリの詳細が載っているサイトにはそのメモリが何ギガかが載っています。極力多い容量のメモリを選ぶことをお勧めしますが、4Gのメモリを2枚させば大丈夫だと思います

そこまで大きなメモリ量はいらない(動画などの編集をしなければ)挿しているメモリの合計が8Gになれば十分だと思う。

おわりに

メモリにはたくさんの種類があります。この記事を参考にして、メモリを選んでいただけると幸いです。

(photo by amanaimages)