はじめに

インターネットをするには通信回線の契約のほかに、プロバイダの契約が要ります。

しかしプロバイダのサービス業者は数えきれないくらいたくさんあるので選ぶのに苦労をするかもしれません。

そこでプロバイダのサービス業者を選ぶ自分なりの基準を紹介しておきます。

契約している業者

TikiTiki

どんな基準でプロバイダを選んだか

1.月額の基本料金の安さ

プロバイダーのサービス業者を選んだポイントの1つは利用料金です。

筆者が利用している業者と契約したのは2000年で13年も前のことでした。

最初はナローバンドでの契約でしたが、基本1か月1,000円で定額使い放題なので選んだのでした。

ちなみにこの価格は他の大手の業者の当時の料金に比べると700~800円程度安かったと記憶しております。

2.支払方法は年1回の現金振り込み

しかし選んだ基準は利用料金だけではありません。

筆者がそれ以上に重要視したのは利用料金の支払方法です。

コンビニや郵便局などのお店で年1回だけ現金振込決済ができることを重視したのです。

ちなみに当時他の大手業者の支払方法はクレジットカードまたは口座引き落としがメインだったのですが、筆者はそれを嫌いましたので今の業者になりました。

実際に使ってみた感想

それで選んだ今の業者ですが、実際使ってみての感想としては、接続切れもほとんど経験したこともなく、ストレスをためずに快適に使用しております。

13年前に契約してからは途中でADSLコース、光回線コースと変更しましたが、いずれのコースにおいてもほとんどトラブルもなく、不満は今のところ全くないといっていいと言えます。

おわりに

プロバイダのサービス業者の選ぶポイントはたくさんあります。

価格だけに目を奪われないで幅広い視点で選んでもらいたいものです。

(photo by 著者)