はじめに

最近はスマホを持ってる方が増えてきて、どんどんなくなってきているかのように思えるガラケーですが、機械が苦手な方や、「電話とメールで充分。他の機能はいらない」なんて方は、まだガラケーの購入をする方も多いですよね。

そこで、iPhoneとガラケーを使い分けている筆者が「ガラケーの選び方のポイント」をお伝えしたいと思います。

ガラケーの選び方のポイント

1:押し易いボタンかどうか?

機能やデザインも大事かもしれませんが、手にとってみて実際ボタンをおしてみて「しっくりくるか?」が一番大事かと思います。

スライド式・折りたたみではボタンの大きさが違ってたり、人によっては決定キーが押しづらい機種もありますしね。

2:Web機能の設定ができるか?

これだけ世の中スマホが出回っているので、Webを使う人はスマホを購入しますが、ガラケーを利用する場合の殆どが電話とメールで充分かと思います。

そこで、Webをしない設定ができる機種かどうかを選びましょう。

3:電源が入った状態で触ってみる

1と2のポイント押さえたら、最後は電源が入った状態の機種を触らせてもらいましょう。

携帯を購入すると、おそらく2年間は同じ機種をお使いになるかと思います。同じ機種を2年も使うので、実際の画面を見て、建物の中の電波の状態だったり、バッテリーの持ち具合は?なんて疑問が出てきます。

ショップのデモ機だけ触っていると、こういった疑問はすぐにはでてこないはずです。

店員さんに上手に言われるがまま購入するのではなく、実機を触らせてもらいましょう。

おわりに

他の機能(ラジオとかワンセグとかおサイフケータイとか)やデザインはその人の感覚によるものなので重視してはいません。上の3つのポイントをおさえて上手にお気に入りの携帯を見つけてくださいね。

(photo by amanaimages)