はじめに

ブログや日記を付けてると「いったいどれくらいの人に見られているのだろう?」というのが気になりますよね。でも、アクセス解析ツールを見ても、色々数字が出ていて何がなんだか分からない…。

そんな方のために、「まずこれだけは押さえておこう!」という基本用語を解説します。

必ず覚えておきたい基本用語はこの 3 つ

ページビュー

「そのサイトのページが何回表示されたか」をあらわすのがページビューです。そのサイトで 3 ページ見ると、ページビューは「3」になります。
単位は「PV」と表されることが多いです。

ユニークユーザー

「そのサイトに来たユーザーの数」をあらわすのがユニークユーザーです。あなたがあるサイトで 3 ページ見ても 100 ページ見ても、ユニークユーザー数は「1」のままです。また、朝に一回アクセスして、同じ日の夜にもう一度アクセスしても、同様にユニークユーザー数は「1」です。

単位は「UU」と表されることが多いです。また、一般的には 1 日単位で集計されます。

厳密に言うと、同じユーザーでも違うパソコンやブラウザからアクセスすると、「2 人のユーザー」とカウントされます。

セッション

同義語に「ビジター」「ビジット」「訪問者数」などがあります。
「そのサイトに来て、出て行くまでの一連のアクセスの数」をあらわすのがセッションです。

なんだか分かりにくいですね。実は、このセッションが一番難しいんです。

たとえばあなたが本屋のサイトにアクセスして、本を一冊、購入してからそのサイトを離れたとします。これが「1 セッション」になります。また少し時間が経ってからもう一度同じサイトにアクセスすると、今度は「2 セッション」となります。このとき、何ページ見ていてもセッション数に変動はありません。

「何分間、時間が離れていたら別のセッションとみなすか」はツールによって異なりますが、一般的なのは 30 分、長くても 120 分程度、アクセスに間があけば新しいセッションとなります。

まとめ

  • ページビューは「見られたページ数」
  • ユニークユーザーは「アクセスしにきた人の数」
  • セッションは「サイトに来て帰るまでをひと固まりとした、アクセスの数」
数字の大きさは ページビュー > セッション > ユニークユーザー となります。

関連ライフレシピ