はじめに

自作PCを作る上で最も重要と言えるパーツは「ケース」です。ケースにより選べるパーツや性能の上限が左右されるだけでなく、直接目に触れるパーツですので、インテリアとしても重要なものです。

目的から選ぶ

自作PCを作る場合、最初に決めるべきなのがケースです。理由としてはPCケースにはさまざまな規格があります。

代表的なものにATX規格、MicroATX規格があります。どちらもほとんどのPCケースの標準的な規格であり、多くのマザーボードはこの規格にそって作られています。

ゲーミングPCを作る場合

ゲーミングPCを作る場合、高性能なCPUとグラフィックボードが必須となります。高性能なCPU、グラフィックボードは熱を大量に排出し、また電力もかなり使います。

ゲーミングPCを作る目的であれば、ATX規格のケースを使用することが望ましいです。ATX規格のケースは大きく、大型の電源やグラフィックボードを搭載するのに最適です。

「静音」を売りにしているケースはATX規格であっても避けるべきです。静音を売りにしているケースは気密性が高く、ファンが低速で数も少ないことがあり、大きさのわりには冷却性能が不足していることが多々あります。

ゲーミングPCと騒音は切っても切れぬ関係にあり、ある程度の騒音は仕方のないものとして、ゲーミングPC用、または冷却性能を優先されたPCケースを使用することが望ましいでしょう。

小型PCを作る場合

小型PCに使用されるケースの規格として、MicroATX規格、Mini-ITX規格などがあります。多くの場合はMicroATX規格が使用されます。MicroATX規格のケースの特徴として、大きさが小さく、比較的安価に手に入ります。

コンパクトなのでATX規格にくらべ置く場所を決めやすいのではないでしょうか?

しかしながら、MicroATX規格のケースは裏配線(配線をケースの裏側へすること)やドライブ類の設置が難しいことがあり、初めて使用するケースとしてはあまり向きません。

MicroATX規格のケースは融通が効かない場合が多いので、入門用としてはあまりオススメできません。

さいごに

自作PCを作る上で、やはりケースには凝りたいものです。高価なケースは共振や故障が少なく、また長期間使えるため、一番最初に初めて自作PCを作る場合は、有名なケースや売れ筋のケースを使用することをおすすめします。

(photo by 足成)