はじめに

ドコモauソフトバンクとメジャー携帯キャリア3社ありますが、結局どこがいいのだろうと迷う事があります。最近はMNP(モバイルナンバーポータビリティー)といって通信会社を乗り換えても番号を引き継げるようになりました。

携帯電話会社を比較するときのポイント

電波の入り具合

携帯電話なので、いくら電話が高性能でも電波が入らなければ使い物になりません。最近は電波もかなり改善されて地下などでも入りやすくなっていますが、思わぬところに電波の切れ目のようなものがあり、ピンポイント的に入らないところもあります。自分の生活圏を考慮に入れてどこの会社の携帯だったら一番安定しているか調べてみましょう。

筆者の場合は、それぞれの携帯キャリアの携帯を持っている友達に協力してもらって実際の場所の電波状態を確認してみました。

携帯の使い方を考える

各社とも同じ携帯キャリア同士は無料というプランを出しています。誰と電話連絡をする事が多いかを考えて携帯キャリアを検討しましょう。連絡頻度の高い人が思い浮かぶかもしれませんが、メールでのやり取りが多い場合はキャリアを揃える必要がありません。

スマートフォンなら無料通話アプリなども出ていますので、アプリが使える相手と携帯キャリアを合わせる必要はありません。

家族や親族やグループ内で電話で打ち合わせを行なうなどの使い方をするなら同じ携帯キャリアで合わせておいたほうがいいでしょう。

筆者も電話でのやり取りが必要で、アプリを使う事が出来ない祖母や叔父が使っている携帯キャリアに合わせています。特に祖母はすぐ近くに住んでいるのですが、内線のような感じで使用しています。

インターネット回線との関係

自宅に固定の通信回線があるならその回線と組み合わせて携帯の通信費用を安くする事ができます。このようなサービスが自宅で使えるかどうかを確認してから携帯キャリアを選ぶ事もできます。

例えばauのスマートバリューなら毎月1台あたり1,480円2年間安くなります。

ソフトバンクならスマホBB割、こちらも毎月1台あたり1,480円2年間安くなります。

おわりに

携帯を購入すると最近は基本料が安い代わりに、2年間契約して使用しなければならず、それ以前に解約すると違約金が発生する仕組みになっています。

適当に決めて契約してしまうと思った以上にお金がかかりますので、慎重に検討してはいかがでしょうか。

(photo by amanaimages)