はじめに

いざ自作PCを作ろうとしたけど、どんな電源を使ったらいいのか分からないということがあるかと思います。そんな方向けに、用途別でPC電源の選び方をまとめてみました。

用途別PC電源の選び方

1:インターネットが主な用途の場合

インターネットが主な用途の場合、あまり電力を消費する様なことはほとんど無いので、400W~500W程度の電源ユニットを使用すると良いでしょう。

  • 超力Nakedノーマル SPCRN-500
  • 玄人志向 KRPW-PT500W/92+
  • KEIAN KT-450PS

などがおすすめです。

2:画像編集や動画編集が主な用途の場合

画像編集や動画編集が主な用途の場合、電力が必要な場面が出てくるので、多少電源容量に余裕を持たせるため500W~600W程度の物が良いでしょう。

  • 超力Nakedノーマル SPCRN-500
  • 玄人志向 KRPW-G2-550W/90+
  • KEIAN KT-450PS

などがおすすめです。

3:ゲームが主な用途の場合

ゲームが主な用途の場合、ゲームにもよりますが、大量の電力が必要になるので、700W~1000W程度の大容量の電源ユニットを使用すると良いでしょう。

プレイしたいゲームの必要最低限スペックは満たせる電源ユニットを使用しましょう。

  • Corsair HX750 CP-9020031-JP
  • Seasonic Xseries XP2 SS-860XP2
  • Corsair CP-9020008-JP

などがおすすめです。

おわりに

電源ユニットはPCの心臓とも言えるべき大変重要なユニットです。電源ユニットにはケチらず多少の余裕を持たせるくらいの物を使うと安心できます。

(photo by 著者)