まだまだ現役

時代はスマートフォンに席巻されつつある携帯端末ですが、ガラケーも捨てたものじゃありません。

今だからこそ、ガラケーを選ぶなら・・・そのポイントをまとめてみました。

ガラケーで何をしたいか

一口にガラケーと言っても様々です。また、スマートフォンを選択した方が良いという事もあります。

まずは、アナタがガラケーを購入するにあたって、何をしたいかを明確にしましょう。

  • 電話が出来ればOK?
  • メールもしたい?
  • アプリも使いたい?
  • ネットにも接続したい?
  • ゲームもしたい?

これはガラケーだろうが、スマートフォンだろうが変わりません。
まずは、何をしたいのかを明確にしましょう。

ガラケーを選ぶポイント

多機能 vs 長持ち

多機能であればある程、バッテリーの持続時間は短くなる傾向にあります。

もちろん、多機能の端末でも、必要な機能だけ動かすようにすれば、バッテリーの持続時間は延ばす事は可能です。

逆に機能がシンプルな程、バッテリーは長持ちします。

緊急時の連絡用に、というのであれば機能を絞った端末の購入をオススメします。

ガラケーを販売しているか

携帯会社によっては、ガラケーの新作機種をリリースしていません。そうすると、後はお店に残っている在庫のみという場合もあります。

在庫がある場合でも、販売終了後1~2年でメーカーは在庫を処分してしまうため、修理が出来ない可能性が出てきます。(在庫処分については、あくまで目安です。)

万が一、端末が壊れてしまったら?その辺りを考慮に入れつつ、購入を検討すべきでしょう。端末の発売開始年月や後継機の販売状況等で大体の予測を立ててみましょう。

同じ端末を長期使用したい人は、出来るだけ新しい機種を選ぶことをオススメします。

ネットや中古店で、中古端末を購入するという手段もありますが、こちらを使用する場合、いつ壊れるか分からない、壊れた際に修理出来るか分からないという問題も出てきます。

同じ端末を、長く使用したいというのであれば、中古品を購入するのはお勧めしません。

おわりに

使い方や長期使用等、条件が揃えば、ガラケーもまだまだ捨てたものじゃありません。スマートフォンにも勝つ部分はあります。要は使い方次第です。

最初のポイントに戻ることになりますが、閉めとしてもう一度。その携帯で、何がしたいですか?

(Photo by 著者)