はじめに

自作パソコンを組み立てる際に欠かせないハードディスクドライブですが、選ぶ際には自分の使用目的に合わせて選ぶと満足できると思います。

以下にそのポイントを記しますので、ぜひ参考にしてください。

目的で選ぶHDDの選び方

1:低予算の方向け

自作パソコンでCPUやグラフィックボードなどに予算を多く割いてしまった場合には、安くて安定しているHDDを選びましょう。

その際の条件は、以下のとおりです。

  • 容量は500GB
  • 価格は5000円前半

例としては、WESTERNDIGITAL WD5000AZRXという製品があります。

容量が少なく感じる場合は、オンラインストレージなどを活用しましょう。

2:動画の編集をしたい方向け

動画の編集を自作パソコンで行う場合、以下の条件を満たすHDDを購入すると作業がはかどります。

  • 容量は1TB以上
  • 回転数は7200以上

容量と速度で、できるだけ高スペックの製品を選んでください。

容量は1TBあれば十分ですが、もちろん予算に余裕があればそれ以上の製品が望ましいです。

例としては、以下のような製品があります。

Seagate ST2000DM001/N

3:仕事に使いたい方向け

SOHOなどで自宅で仕事をしているのであれば、パソコンを使った作業データは確実にバックアップしておきたいものです。

そのような場合には、HDDを複数備えたシステムであるRAIDを導入することをおすすめします。

RAIDを自作パソコンに導入するには、以下の条件を満たすHDDを選んでください。

  • 容量は500GB以上
  • RAIDに対応している
  • 複数のHDDを購入する

例としては、Seagate ST1000DM003/Nという製品があります。

容量に関しては、予算が許すのであればできるだけ多い製品を選んでください。また、RAIDに対応しているかについては店頭でパッケージを見れば記載されていますし、それでも不安な方は店員の方に尋ねてください。

RAIDでは複数のHDDを買い揃える必要があるので、容量よりも価格の安さを重視したほうがいいかもしれません。

なおRAIDの導入については、nanapiの以下の記事が参考になるので参照してください。

おわりに

今回の記事では、HDDの接続方式については特に指定しませんでした。

多くの製品がSATAを採用していますし、それ以外の規格が本格的に使えるようになるにはまだ時間がかかるからです。

今回は触れませんでしたが、今はHDDよりも静かに動作するSSDも人気です。多少価格は高くなりますが、興味のある方は検討してください。

(Photo by 足成)