はじめに

ビデオカードというのは安いものから高いものまで様々あります。

ちゃんと自分の使うレベルを把握していないと宝の持ち腐れor能力が足りないということになりかねないのでしっかり選びたいところです。

用途別の選び方

ゲームで遊びたい人

ゲームで遊びたい人の中でも、やるゲームによって求められるスペックがちがいます。最新のゲームを最高画質で遊びたいということになれば4万円~ぐらいのGTX680チップセットを搭載したビデオカードが必要になってきます。

最高画質でなくてもいいから普通に遊べればいいという人は2万円前後のGTX660チップセット搭載ビデオカードが良いと思います。

それ以下の1万円前後のビデオカードでも遊べることは遊べますが、最新ゲームでは画質やフレームレートも低くなります。

HD動画を見たい人

ゲームはせず、ブルーレイなどの動画用途で使いたいという人は、前述の1万円前後のビデオカードでも十分な能力ですので、それほど高額なビデオカードを購入する必要はないかとおもいます。

マルチ画面で使いたい人

3画面以上のモニタでマルチ画面にしたいという人はチップセットを気にするよりも、端子を確認するといいでしょう。

値段が高いものになればほとんどのものは多くの出力ができますが、安いものでも、多くの出力ができるものがありますので、それは商品説明をよくみて確認する必要があります。

おなじチップセットでも端子の数が違うということはよくありますからね。

上記のような使い方をしない人

最近のパソコンならば、PC内臓のグラフィック機能で十分だとおもいますのでわざわざ増設しなくてもいいかとおもいます。

最後に

ビデオカードは安い買い物ではないので、よくよく自分の用途というものを考えてから購入していただきたいとおもいます。

将来使うかも?と思っているものは結局使わないことが多いので今の自分にあったものを買うといいとおもいますよ。

(photo by photo material)