はじめに

最近はBattlefield 3やSkyrimなどといったような、非常にリアルな3DであるためそこらのPCではまともに動きすらしないものもたくさん出回っています。

そんな中で、オススメしたいビデオカードの選び方についてまとめていきたいと思います。

絶対に忘れてはいけない3つの注意

1 :RADEONではなくGeForceを選択すること

現在のゲームエンジンの主流はDirectXというもので、それにはGeForceのビデオカードが適しています。

たとえば全く同じスペックのビデオカードでも、大抵のゲームにおいて言えばGeForceのビデオカードのほうがゲームはサクサクと動くのです。

2:値段に騙されてはいけない

PCゲームの流行によってさまざまなビデオカードが乱立していますが、実は値段に伴って性能がいいというわけではありません。(GTX TITANとGTX 670など)

気になるビデオカードがあった場合は、4Gamer.netというサイトを確認してみましょう。

お目当てのビデオカードの名前を検索すると、一万字ほどにおよぶレビューと実際にゲームを動かしてみたときなどのことが詳しく説明されています。

3:電源は不足していないか

自作PCにありがちなミスは、電源が足りないことです。ビデオカードは電源を最も食う場所の一つであり、要チェックになります。

電源が足りないことで何が起こるかというと、無茶をしてしまうので使って間もなく壊れてしまったり、ゲームの途中で突然PCが落ちたり・・・。

そんな失敗はしたくないので、以下のサイトで自分の電源はちゃんと足りてるか確認しましょう!

電源容量 ☆ 皮算用 ☆ 計算機。

自分のパソコンの詳細スペックを打つことによって、電源と必要電力について計算してくれます。

おわりに

結局ビデオカードを選んでいくに当たっては性能だけがポイントになります。性能については4Gamerさんなどからチェックしていただければ、実験の数値がわかりますので良いかと思います。

それでは楽しいゲームライフを!

(photo by amanaimages)