はじめに

このレシピはInternet Explorer以外に対して適用されます

みなさん、Googleなどの検索で2ページ目以降の検索結果を見るときどういった方法で見ていますか?

普通に「次へ」リンクをクリックしたり、または検索オプションで見ることのできる件数を増やしているという人もいるかと思います。

そこで、今回はクリックをすることなく「次へ」のページをスクロールするだけで自動的に読み込み表示するための方法をご紹介したいと思います。

今回のレシピを適用できるブラウザについて

さて、今回紹介する方法ですが利用できるブラウザは次の3種類です

  • Firefox
  • Safari
  • Google Chrome

上記ブラウザに拡張機能を入れることで快適なインターネット生活を遅れるようになります。

AutoPagerize

今回使用するのはAutoPagerizeという拡張機能です。

これを上記のブラウザにそれぞれ入れることによって、「次へ」のリンクをクリックせずとも自動的に次のページを読み込んで表示してくれるようになります。

Firefoxの場合

まず最初にFirefoxでの方法を説明します。

Step1: Greasemonkeyをインストール

FirefoxでAutoPagerizeを使うにはまずGreasemonkeyという拡張機能をインストールする必要があります。

こちらのURLからまずGreasemonkeyをインストールしてください。

Step2: AutoPagerizeをインストールする

次に、Greasemonkeyをインストールしてブラウザを再起動後にAutoPagerizeのウェブサイトに移動します

ここに「Greasemonkey Script」の隣にある「インストール」というリンクをクリックすると、AutoPagerizeのインストールは完了です。

試しにGoogleなどで検索してAutoPagerizeが動作するか確認をしてみてください。

Firefoxでのインストールはこれで終了です。

Safariの場合

Safariの場合はFirefoxと比べて少し簡単です。

「Safari Extension」のとなりのインストールをクリックすると

  • autopagerize_for_safari.safariextz

というファイルがダウンロードされます。

ダウンロードされたファイルを実行すると「インストールしますか?」と聞かれるのでインストールしてください。

Safariでの導入方法はこれで終了です。

Google Chromeの場合

Google Chromeの場合は最も簡単です。

こちらのページからインストールをクリックするとダウンロード完了後にインストールするかどうかのダイアログが表示されるのでそこで「インストール」を選択するだけです。

これでGoogle Chromeでの導入は終了です。

Google検索以外でもAutoPagerize

今回AutoPagerizeの紹介で最初に「Google検索」を例としてあげましたが、AutoPagerizeでは様々なサイトで「次へ」リンクをクリックしなくても表示されるように対応されています。

また、あなたがサイト運営者であれば次のページを参考にあなたのサイトをAutoPagerize対応させることが可能です

AutoPagerize対応させることであなたのウェブサイトはよりユーザにとって使いやすいものになると思います。

それほど難しい対応でもないので是非対応してみることをオススメします。

AutoPagerizeによってより快適なインターネット生活を送りましょう!