以前のゲーマーであればキーボード周りやグラフィックボード(ビデオカード)、ディスプレイなどのパーツだけに気を配ればよかったものの、最近はストレージ(SSD,HDD)も重要なポイントなのです!

SSDを使用すれば、ゲームデータやファイルの読み出し時間が短縮される事はもちろんですが、すぐにゲームをやりたいという場合はPCの起動時間も短縮されるという非常に投資効果の高いパーツです。

SSDの選び方

ポイント1:転送速度を確認!

書き込みや読み出しといった転送速度が速ければ、マップのロードやセーブも高速化されます。

価格帯によって転送速度は変わるものなので、自分の買いたいSSDのメーカーHP等を見てよく検討しましょう。

ポイント2:サイズを確認!

普段使用しないファイルをHDDに入れ、よく使うファイルをSSDに入れる、というやり方はよくある方法ですが、ゲームの高速化を目的とするならのゲームのインストールはもちろんSSDにしなければなりません。

何本のゲームをやるかによってSSDのサイズは変わります。以下が、著者の考える最適な容量です。

  • 1~3本の場合…60GB
  • 4~6本の場合…120GB
  • ゲーム以外も沢山データを保存したい場合…256~512GB
HDDと比べてSSDは、GB単価が非常に高いのでよく吟味して選びましょう。

ポイント3:レビューを確認!

基本的に高速読み出し・低発熱・静か・低消費電力という特徴をもつSSDですが、ゲームに使っていると頻繁に書き込みが行われるので、SSD登場間もない時期のものを選んでしまうと寿命は最悪1年ほどになることも・・・。

レビューを見たら、長持ちするのか、しないのかについてよくわかるので、購入前にレビューサイトは要チェックです。

著者オススメのSSD

Intel Solid-State Drive 520 / SSDSC2CQ240A3K5

  • 容量:240GB
  • 発売時期:2012年2月

Samsung Electronics SSD 840 / MZ-7TD250B/IT

  • 容量:250GB
  • 発売時期:2012年10月

おわりに

最近のゲームは非常にハイスペックを要求してくるものが多いため、腕以前にPCのスペックでも強さが変わってきてしまう時代です。

最適なSSDを手に入れて、サクサクゲーミングライフを!

(photo by amanaimages)