はじめに

(photo by TOLOT)

この記事では、世界的なiPhone写真家の三井公一氏が伝授する、シチュエーション別の撮影チェックポイントをご紹介!

基本の“基本”

(photo by 三井公一)

フラッシュは使わない

フラッシュは一部分のみを照らし、十分な明るさが全体に行き渡りません。陽のあたる場所や部屋の中でも明るい場所を見つけて環境光で撮影しましょう。

デジタルズームも使わない

デジタルズームは、物理的な光学ズームと異なり画質が悪くなるうえに手ブレしやすいデメリットがあります。

ポイント1:しっかり構える

(photo by TOLOT)

iPhoneは手ブレをおこしやすいカメラである

iPhoneは小型で軽量なのがメリットですが、それが逆に手ブレを起こしやすくしてしまいます。撮影の手ブレを防ぐには、しっかり構えるのが基本。両手で構えて、カメラアプリのシャッターボタンを親指で触れます。テーブルの上に肘を置くなど、まずはiPhoneを固定しましょう。

ポイント2:フォーカス(ピント)を合わせる

(photo by 三井公一)

「AE/AFロック」を使って露出とピントをロック!

被写体を長押しすると「AE/AFロック」がオンになり、自動露出(AE)とオートフォーカス(AF)がロックされて、露出とピントが合った状態で撮影できます。このひと手間で、意図的な明るい写真、暗い写真、ぼかした写真が撮れます。

ポイント3:HDR(ハイダイナミックレンジ)を使う

(photo by TOLOT)

HDRを”オン”にして最適な1枚を残す

HDRをオンにすると、撮りたい構図の中に生まれる暗い場所と明るい場所のコントラストを読み取り、一度に3枚のシャッターを撮影者に意識させず自動で切ります。

明るめの写真(露出オーバー)、暗めの写真(露出アンダー)、その中間の3枚の写真の露出を調整して、最適な1枚の合成写真を作成し、1回の撮影で通常の写真とHDR機能で撮られた写真の2枚をカメラロールに保存します。

(photo by 三井公一)

HDRを”オン”にする方法

この機能を使用するには、画面上部の「オプション」ボタンをタップし、「HDR」をオンにします。これは常時オンがお勧めです。

ただし、HDR機能を使う場合、動いている被写体には注意してください。擬似撮影する3枚の動きが異なるため、合成したときにズレが生じます。

iPhone 5は処理速度が速いので、常にHDRをオンにしても問題はないでしょう。

ポイント4:グリッドを表示する

(photo by 三井公一)

「オプション」からグリッドを”オン”に

グリッドを表示するには、画面上部の「オプション」ボタンをタップして「グリッド」をオンにします。

いつも写真が傾いてしまう人は、このグリッド表示をオンにして撮影しましょう。水平や垂直の位置をラクに合わせられて、傾く失敗はありません。

ポイント5:液晶のシャッターボタンを使う

(photo by TOLOT)

本体側面のボタンシャッターは手ブレの原因に!

標準カメラアプリのシャッターは、液晶のシャッターボタンに加え、本体側面のボリュームボタンがシャッターの役割を兼ねています。この側面のボタンは、押すときに本体が揺れやすく手ブレの原因になるため、液晶のシャッターボタンを使います。

液晶ボタンの長押しでシャッターチャンスを狙う!

液晶のシャッターボタンは、押したときではなく、指を放したときにシャッターが切れる仕様になっています。このため、一瞬の表情や動きを捉える写真撮影時には、ボタンを長押ししてシャッターチャンスを狙いましょう。

おわりに

ここで紹介した機能は、iPhone標準カメラでキレイな写真を撮るために必要不可欠です。まずはたくさん写真を撮って、基本をマスターしましょう。

取材協力:三井公一(写真家)

iPhoneで独自の世界観を持つ写真を撮影している。著書にはiPhoneで撮影した写真集「iPhonegrapherー写真を撮り、歩き続けるための80の言葉」、「iPhone フォトグラフィックメソッド」がある。
http://www.sasurau.com/