iPhoneといえば多種多様なケース、普通のものから防水性を持つものや、高級感たっぷりなものまでたくさんあります。今回はiPhone5にソフトタイプのバンパーを装着する方法を紹介します。

バンパとは

バンパーとはiPhoneの外枠だけをおおうタイプのケースです。ケースとは違い、背面は保護されていませんがバンパーの幅がiPhoneの幅より広いのでデコボコでないところなら落としても安全です。

パンパーにはソフトタイプとハードタイプがあり、ソフトタイプは手で簡単に曲げることができたり、伸ばしたりできますので手で付けることができます。逆にハードタイプは六角レンチやドライバーを使って取り付けることが多いです。

使用しているバンパー

筆者はPGAと言うメーカーのPG-IP5TP10CLと言うソフトタイプの透明なバンパーを使っていますこのバンパーは透明でiPhoneの見た目もそれほど損ないませんので、カバーを付けたくないけど傷も付けたくない!と言う方にはオススメです。

iPhone5のソフトタイプバンパーの取り付け

使用する道具

特に必要ありません、手の力だけで簡単に装着できます。

STEP1 上下を確かめる

この作業は怠り気味ですが、ソフトタイプバンパーはハードタイプや普通のケースと違い、少し無理をすれば上下逆にも付いてしまうのでしっかり確認しましょう。

STEP2 上辺をあわせる

まずボタンなどの多いバンパーの上辺をiPhoneと重ねます。少し横に伸びますがソフトタイプなので大丈夫です。

STEP3 下辺のどちらか片方の角をあわせる

次にiPhoneの下のどちらかの角にバンパーをあわせます。かなりバンパーの形が変わっていますが問題ありません。

STEP4 残りの角にバンパーを押し込む

最後の角にバンパーを合わせるのですが、ここでソフトバンパーの特性を使います。ソフトバンパーは柔らかいので親指でぎゅっと力をいれればうまくソフトバンパーを装着することができます。

あまり何度も取り付けを繰り返すとバンパーが伸びてゆるくなってしまいます。

STEP5 完了

このようにバンパーがiphoneに収まれば完成です。

おわりに

今回はソフトバンパータイプのケースの装着方法をご紹介しました。必要最低限の保護とできるだけiPhoneのデザインを残したいと言う方に特にオススメできます。

(photo by 著者)