はじめに

Macの動作が重い…そんな時はメンテナンスです!

でもやり方が分からない、面倒くさい、壊れたら困る…そんな時はメンテナンスソフトを使いましょう!

著者のMacはOS X 10.8 Mountain Lionです。

メンテナンスソフトとは?

上級者が手動でメンテナンスをする項目をソフトでまとめて初心者にも簡単にできるように工夫したソフトです。

他にもAppJack,OnyX,Magicanなどといったメンテナンスソフトがありますが、今回は比較的操作しやすいOnyXを紹介します。

OnyXの使用方法

ソフトのダウンロードとインストール

公式サイトからダウンロードしてください。

バージョンごとに分かれているので注意しましょう。今回は上記にあるように著者のMacに合った10.8を例に行います。

メンテナンスの準備

STEP1

ダウンロードしたディスクイメージを開きます。

STEP2

パスワードが求められる事があるので、求められた場合は入力しましょう。

STEP3

「ソフトウェア利用許諾契約」が表示されるので、同意する場合は「同意する」をクリックします。

STEP4

「S.M.A.R.T. 状況を検証」というダイアログが表示されるので「続ける」をクリックします。

数分で検証は終了します。

S.M.A.R.T.とは、ハードディスクのエラー情報の事です。これを検証する事によりハードディスクの故障を事前に予測することができます。

STEP5

次に起動ボリュームの検証を行います。指示に従い「続ける」をクリックしましょう。

これでインストールと準備は終了です。

使い方

STEP1

OnyXを立ち上げ、ホーム画面が表示されたら「自動処理」のタブをクリックします。

各項目で詳しくメンテナンスできますが「自動処理」項目で簡単に処理できます。今回は「自動処理」でのメンテナンスを行います。

STEP1

表示されるチェックボックスを確認し「実行」ボタンをクリックしましょう。

ゴミ箱など削除したくない項目があればチェックを外しましょう
S.M.A.R.T.と起動ボリュームの構成は先程行ったのでチェックを外してもOKです
数十分かかるので寝る前や暇な時に実行したほうが良いです

おわりに

面倒なメンテナンスもソフトを使えば楽です。今回限り出なく定期的に行うと効果的です。

(photo by 足成)