Skype・LINE・カカオトークなど、たくさん無料通話アプリの種類がありますよね。無料で通話できるのはいいけど、ちょっと音質が良くないなと感じた方には「Viber」がおすすめです。

こちらの記事ではViberを選んだ理由と使ってみての感想をご紹介します。

Viberを選んだ理由と他のアプリより良い点

いろんな端末と会話ができる

iOSを始め、Android、Windows Phone 7、BlackBerryに対応しています。相手の機種を気にせず無料会話ができるのは良いですね。

音質が良い!

これは特筆すべきポイント。普通に電話を掛けた場合よりも音質が良いです。LINEに慣れている人はびっくりするでしょう。

電話番号がIDの代わりになる

面倒なID交換は不要です。相手の電話番号さえ知っていれば通話できます。

Viberの使い方

電話帳から通話相手を選択する

連絡先」→「すべて」の項目で、紫の「Viber」マークがついている連絡先にはViberで連絡出来ます。連絡先をタップして通話開始です。

また、対応していなくても通常の電話をかけることができます。電話アプリの代わりに使えますね。

メッセージの送信も可能

またLINEのようにメッセージを送信出来ます。スタンプはありませんが画像は送信出来ます。

実際に使ってみた感想

音質が良いことに加えて、遅延が小さい(相手に音が届く時間差が小さい)ので話していてとても気持ちが良いです。

また通常の電話もここから掛けられるので、電話アプリを起動しなくてもこれ一つで済むのは便利です。

おわりに

日本での利用者は少ないですが、高音質という面で優れているので長時間の通話に使えるのではないでしょうか。

(photo by 著者)