はじめに

パソコンでの作業を効率化するためにはショートカットを使うと非常に便利です。通常ショートカットは元々パソコンに予め設定されていますが、Macでは自分好みのショートカットを設定する事ができます。

ショートカットが無い動作や元々設定されているものを変更する事も可能です。筆者が実際に設定しているショートカットについて説明します。

「装飾キー」の位置を変更する

筆者は数年前にWindowsからMacに乗り換えたのでWindowsで覚えたショートカットをMacでも同じように使えるように変更しました。

WindowsのControlキーとMacのキーボードのcommandキーの位置がかなり離れています。なので例えば、コピー&ペースでよく使う「command + C」「command + P」などが非常に使いづらいです。そこで装飾キーの位置を変更します。

装飾キーとはMacのControlキー、commandキー、CapsLockキー、optionキーをいいます。

STEP1

「システム環境設定」からキーボードを選びます。

STEP2

上段の「キーボード」から右下の「装飾キー…」をクリックします。

STEP3

上記の画像の様に設定を選択してOKすると変更されます。

optionはそのままで良いでしょう。

ショートカットの作成手順

STEP1

上部の「キーボードショートカット」を選び、左下の「アプリケーション」を選びます。

STEP2

中央辺りにある「+」をクリックすると設定画面になります。

  • 「アプリケーション」には、どのアプリケーションで使えるショートカットを作るか選択します。
  • 「メニュータイトル」には、ショートカットにしたいメニューコマンドの名前を正確に入力します。
入力を間違うと登録できません。特に半角スペースや全角―(ダッシュ)、「」などに注意しましょう。
  • 「キーボードショートカット」では、実際に設定したいショートカットを『command +_ 』という具合に入力しましょう。
すでに割り当てられているショートカットとバッティングしないように注意しましょう。

入力が完了したら「追加」をクリックすれば完了です。

オススメ任意ショートカット

筆者はiTunesとプレビューに関していくつか登録していますが、ここではプレビューの中でよく使っているショートカットについて説明します(ショートカットの構成は上の画像を参照)。

JPEG

プレビューで画像を加工などしてpngなどのファイルをjpgで保存したい場合、いちいちフォーマットを選択しなければいけません。それをショートカットで選択できるようにしています。

別名で保存

そのまま保存をする場合は、command + Sですが別名で保存は結構使うので「別名」の「B」を使ったショートカットを作りました。

サイズを調整…

ブログなどにアップする時にサイズの変更が必要な場合が結構あります。そこでサイズ調整も作ってよく使っています。

この設定は登録時の「メニュータイトル」に最後の「…」を入れるのを忘れないように。「…」を使ったメニュータイトルは結構多いようです。

おわりに

筆者はそれほどショートカットのカスタマイズを使いこなしているとまでは言えませんが、プレビューのショートカットをいくつか作っただけでもかなり作業が楽になりました。

マウスなどで特定の操作をたくさんしている事に思い当たる事があればショートカットにできないか試したみましょう。

(photo by 著者)