はじめに

ノートパソコンには、無線LANのオン・オフスイッチがあるのをご存知ですか?このスイッチがオフになっていると無線LANはつながりません。

モデム、ルーター、いろいろ確認してみたけど無線LANがつながらない。そういう時にこのスイッチを確認してみるとよいでしょう。

Lenovo G570というノートパソコンを例に説明します。

スイッチの場所とタイプ

無線のスイッチには、2タイプあります。それぞれの場所とオンとオフの切り替え方法を説明します。

1:本体にあるスイッチ

G570の場合、パソコン本体の正面に無線LANのスイッチがあります。このボタンを左右に動かすことで、オンとオフを切り替えることができます。

スイッチの場所や形状は、ノートパソコンによって異なりますが、主に本体正面か側面、キーボートの上部にあります。パソコンの説明書で場所を確認してみましょう。本体にスイッチがないノートパソコンもあります。     

2:キーボード上にあるスイッチ

G570の場合、ファンクションキーのF5に無線LANのスイッチが設定されています。

ファンクションキーは、単体では機能しません!キーボードの一番下段左の方にあるFnキーと組み合わせて使用します。G570の場合は、Fnキーを押しながらF5を押すと、ウィンドウが立ち上がり画面上でオンとオフの切り替え操作が行えます。

キーボード一番上段のF1からF12のキーのどれかに、無線LANのスイッチが設定されています。パソコンの説明書で場所を確認してみましょう。
パソコンによっては、Fnキーとファンクションキーの操作だけでオンとオフが切り替わるものもあります。

おわりに

無線LANのスイッチは、何かの拍子にオフになってしまうことがあります。無線LANがつながらない場合、まずこのスイッチを確認してみるのもよいでしょう。

(photo by 足成)
(photo by 著者)