普段パソコンを選ぶ時、あなたはどんなパソコンを選びますか?CPU速度の速いもの?メモリをたくさん積んでるもの?人それぞれあると思いますが、それらのパーツの土台となるのがマザーボードです。

「マザーボードって何?」という方も多いと思いますので、マザーボード毎の違い、選び方を簡単に説明したいと思います。

マザーボードの仕様はメーカーさんの製品ページから確認出来ます。欲しいマザーボードが以下の条件を満たしているかどうかは、そちらを参考にして下さい。

マザーボード選びの基本

1.CPU・メモリが対応しているか

使いたいCPU・メモリが対応しているかどうかをマザーボードのCPUソケットとチップセットを見て確認しましょう。ソケットは基本的に、最近のCPU(i3、i5、i7等)であればLGA1155、一昔前のCPU(Core2Duo、 Core2Quad等)であればLGA775、というように選べば良いでしょう。

CPUやメモリは初めから「これくらいの性能が良い」と決められていると思います。ですがマザーボードが対応していなければどんなに良いCPUやメモリがあっても宝の持ち腐れです、気をつけましょう。

2.入力端子・出力端子が対応しているか

PCとディスプレイの関係というものはレコーダー(ビデオデッキ)とテレビのようなもの。この二つを繋がなければ始まりませんが、マザーボードの出力端子とディスプレイの入力端子が合わない事があります。

ディスプレイの接続端子で代表的な物だけあげたとしても、D-Subミニ15(VGA)、 HDMI、 DVI-D(24ピン)、DVI-I(29ピン)と様々です。既にディスプレイを持たれている方は、ディスプレイの端子を見てそれに合ったマザーボードを選びましょう。

3.マザーボードの大きさ

マザーボードには規定の大きさがあり、ATX、Micro-ATX、Mini-ITXの主要な3つに分ける事が出来ます。先に挙げた順にサイズが大きくなっており、サイズが大きい程色んなパーツを乗せることが出来ます。

ただしPCケースもそのサイズ毎に対応・非対応があります。使いたいPCケースがどの大きさに対応しているかは、PCケースの製品ページで確認するといいでしょう。

更に色んな事がしたいなら・・・

4.グラフィックボードは使えるか

PC上で動画編集、3Dゲームなどをしたいのであればグラフィックボード(ビデオカード)が必要になる場合があります。そうしたものが必要であれば、グラフィックボードをセットする為のスロットがあるかどうかを調べてみて下さい。

onboard(オンボード)と記載されているものは基本的にグラフィックボード非対応です。

5.オーバークロックは使えるか

CPUの速度は設定で意図的に上げる事が出来ます。この機能はOC(オーバークロック)と呼ばれる上級者向けの機能なのですが、マザーボードのチップセットがOC(オーバークロック)非対応であればその操作もかないません。もしOCを考えているならマザーボード毎のチップセットを見てみましょう。

OCは基本的に動作保証をしていません。速度を上げすぎるとPCが落ちてしまったり、最悪CPU,マザーボード共に焼け付きます。

おわりに

PC組立の8割はパーツ選びです。その内半分を占めるのがマザーボードと言ってもいいくらい重要なパーツです。是非貴方にあったマザーボードを見つけて下さい。

(photo by PAKUTASO)