私は数年来パソコンの自作をしています。「パソコンをつくるなんて…」と思う方も多いと思いますが、作ってみると以外に簡単に出来ます。

ここでは私が作って来たノウハウをお伝えしたいと思います。

用意するもの

  • プラスドライバー
  • ラジオペンチ
  • ニッパー
ケーブルを束ねるビニールタイなどがあればなお便利です。

組み立て方

STEP1:部品を揃える

パソコンを作るには最低限次のような部品が必要です。

  • CPU
  • マザーボード
  • メモリ
  • HDD
  • ドライブ(CR-ROMやBD-ROMなど)
  • 電源ユニット
  • ケース
  • ねじ類(インチねじ、ミリねじ)
これらの物はパソコンショップ等で買う事が出来ます。ネット通販でも買えますが、初めて作る場合はショップの店員さんのアドバイスがあった方が失敗は少ないです。

STEP2:体内の静電気を逃がす

パソコンの部品はすべて精密機械です。つまり静電気に弱いです。

組み立てる前には必ず、アルミサッシなど金属に触れて静電気を逃がすようにして下さい。

STEP3:CPUの取り付け

マザーボードのソケットにCPUを乗せます。向きがありますので確認して、そっと乗せて下さい。

無理に押し込むとCPUやソケットが破損します。

STEP4:CPUクーラーの取り付け

CPUの取り付け後冷却ファンを取り付けます。

無理な取り付けはCPUを破損しますので注意が必要です。

STEP5:メモリを取り付ける

マザーボードのメモリ端子にメモリを取り付けます。

メモリを端子に乗せたらストッパーがメモリの端を押さえるまで押し込みます。

メモリもCPU同様向きがありますので確認して下さい。無理に押し込まない様にします。

STEP6:マザーボードにケーブルを取り付ける

マザーボードの所定のソケットにケーブルを取り付けます。

ピッチが狭くて線の数が多いのがHDD側です。IDE1やPRIMARYとマザーボードに表記されている側に取り付けます。

ピッチが広くて線の数が少ないのがドライブ側です。IDE2やSECONDRYとマザーボードに表記されている側に取り付けます。

現在はIDE規格より高速に転送するSATA規格が主流になっています。IDEでは約100MB/秒を上限としていますがSATAは150MB/s、更に最近では約300MB/sの転送も可能なものもあります。

STEP7:電源を取り付ける

ケースに電源を取り付けます。

電源の形状によって取付け方が違いますが、逆には付かない様になっていますので大丈夫です。

電源は使用する部品によって容量が違いますので購入する時には必ず確認が必要です。大きい分には問題ありませんが、小さい場合は動作しない場合があります。

STEP8:マザーボードをケースに取り付ける

部品を取り付けたマザーボードをケースに取り付けます。

マザーボードの大きさによって取付穴の数が違いますが、マザーボードの穴に合わせてインチネジで取り付けます。

きつく締めるとマザーボードを破損するので、ネジが止まったらそれ以上締めない様にします。

STEP9:ドライブを取り付ける

ケースの5インチベイにCD-ROM等のドライブをミリねじで取り付けます。

ケースのフロントパネルに合わせて取り付けると綺麗に取り付けられます。マスター/スレーブがありますので、マスター側にピンを設定します。

STEP10:ハードディスクを取り付ける

ハードディスクはケースの専用ベイに取り付けます。

ハードディスクの取り付けには専用のインチネジで取り付けた方がきちんと取り付けられます。

マスター/スレーブがありますので、マスター側にピンを設定します。

STEP11:配線を接続する

スイッチからのケーブルを接続

フロントパネルからのパワースイッチ、リセットスイッチ、HDDLED、パワーLED等の線をマザーボードに接続します。

HDDLEDやパワーLEDは向きがありますので注意が必要です。

信号系のケーブルを接続する

ハードディスク、ドライブへのケーブルを接続します。向きがありますので注意が必要です。

またハードディスクは80ピン、ドライブは40ピンのケーブルです。

電源からの配線を接続する

マザーボードの規格によって電源からの端子の形や端子数が違いますので説明書を見ながら丁寧に取り付けます。

ハードディスク、ドライブへのケーブルは4ピンが一般的です。

STEP12:ケーブル等を束ねる

以外と忘れるものですが、ケース内でケーブルがバラけて、メモリ等へ接触する事があります。

ビニタイ等で束ねるとキレイにまとまりますし、不要な故障も防ぎます。

電源系と信号系は分けて束ねた方が安心です。

STEP13:ふたをする

すべての組み立てが完了したらケースの蓋をして該当箇所をインチネジで留めます。

組み立てる上での注意点やコツ

  • 先にも述べましたがすべての部品が精密機械です。静電気には十分注意が必要です。

  • ネジを締める際には無理にねじ込まない事やインチネジとミリネジを使うところを間違えない事が必要です。ネジ穴の破損につながります。

  • HDD側のケーブルおよび取り付け場所ドライブ側のケーブルおよび取り付け場所を間違えないようにします。間違えると「動作しない」「動作が不安定」などのトラブルになります。

  • 接続はその都度確認しながら作業を進めて下さい。部品を取り付けていくと、接続が確認出来なくなる場合があります。すべて組み立てしてから接続を直そうとすると最初の状態へ戻さなければならなくなります。

おわりに

自作パソコンは既製品と違って「組み立てる」ものです。注意を払いながら丁寧に組み立てれば「世界にひとつ」の自分だけのパソコンが出来上がります。これが自作パソコンの醍醐味です。

部品を集めたり、動作しなかったりしながらパソコンを学んでいけると思います。

手順通りに行えば、部品不良でない限り動作します。難しくはありませんので、ぜひチャレンジして頂きたいと思います。

(Photo by 著者)