マザーボードの選び方

マザーボード・・・以外と重要な部品のひとつ。一度作ったら、それ以降何もしないなら、安いマザーボードでいいのですが、やはり後で増設したくなるかもしれません。さてどのようなものがいいのでしょうか?

選び方

安くしたい人に

この場合は、自分が使おうとしている他の部品(CPUやメモリなど)に対応しているものの中で一番安いものを買えば良いと思います。

ただし、安いものにはいろいろ問題がある場合があります。RAMのスロットが二つしかない物や、グラフィックボードなどを取り付ける拡張スロットが少ないなど。

今後拡張を予定している方はスロットなどに余裕のある製品を選ぶと良いでしょう。

拡張性を高くしたい人に

これがコンセプトの時は、対応しているCPUや、拡張スロットの量などで判断します。

メモリスロットは、4つあればたいていは困りません。拡張スロットも3つあれば困りません。

ヘビーゲーマーでも、RAMは16GBぐらいです。これは、8GBRAMなら二枚ですし、万一4GBRAMしかなくても、4枚あり、4つスロットがあれば16GBにできます。

拡張スロットも、グラフィックボードとサウンドボードをつけてしまえば特にそのあと困ることは少ないと思います。もしUSBの数が増やしたくなっても一個余っているので困りません。

部品を買う時のアドバイス

スロットは、無限にあるわけじゃないので、RAMを買うときに、4GBを、二枚でなく、8GBRAMを一枚にして買うことで、スロットに余裕を持たせるとなおいいです。

終わりに

マザーボードは、HDDやCPUなどをまとめる役目があります。なのでしっかり考えてから買いましょう。

(image by amanaimages)