はじめに

Illustratorで描く絵はベクター形式といって、解像度によらず高品位な表示が得られるなどの特徴がありますが、アンカーポイントとセグメントと方向線を使ったベジェ曲線という物で描くので取っつきにくいと感じる方も多いと思います。

そこで、ベジェ曲線の知識無しにとりあえずIllustratorで絵を描く方法を紹介します。

筆者の使用しているIllustratorのバージョンはCS2です。他のバージョンでは紹介するツールが使えない可能性があります。

ベジェ曲線の知識無しでIllutratorを使う

STEP1:鉛筆ツールで絵を描く

鉛筆ツールを選択します。

マウスやペンタブなどでPhotoshopなどで線を描くように線が描けます。

STEP2:スムーズツールで線を簡略化する

鉛筆ツールで描くと手のぶれによって線がガタガタしている部分があると思います。そこでスムーズツールを使いましょう。

スムーズツールを選択します。

Macでは「command + A」、Windowsでは「Ctrl + A」を押して全てを選択した後、ぶれている部分をなぞることでアンカーポイントがまとめられスムーズな線になります。

STEP3:アンカーポイントを微調整する

ダイレクト選択ツールを選択します。

ダイレクト選択ツールでアンカーポイント(水色の□の部分)を選択し、ドラッグしたり矢印キーを使って移動します。

アンカーポイントを選択する事で方向線も表示されます。試しに移動してみる事で感覚がつかめるかと思います。

おまけ:ライブペイントで色を塗る

普通は色ごとにレイヤーを作成しますが、Photoshopの塗りつぶしツールのように線で囲まれた部分の色を付ける方法を紹介します。

ただし、CS2より以前のバージョンには無い機能です。

全てを選択した後、オブジェクト→ライブペイント→作成を選択します。

ライブペイントツールを選択し、塗りたい描画色を選んでから塗りたい場所をマウスオーバーします。この場合は髪の毛をマウスオーバーしていますが、上の絵のように赤い線が表示されるので分かりやすいです。

おわりに

とりあえず上のような方法で描いてみて、ダイレクト選択ツールで方向線を変えてたりすると感覚がつかめると思います。

また、今回の方法はあくまで変則的な方法なので、教則本や以下のようなサイトで基礎を学ぶ事が大切です。

Web Tips/Illustrator