はじめに

この記事では、自作パソコンを製作する時に必要な冷却装置を選ぶ時に必要なポイントをご紹介していきたいと思います。

パソコンを冷却する理由

自作パソコン。特にデスクトップパソコンのCPUは使用しているとかなり発熱してしまいます。あまり温度が上がり過ぎるとパソコンの動作が不安定になったり、最悪、熱暴走してしまう結果になります。

安定した動作を得る為にも、CPUを冷却する事は必要になってきます。

冷却装置も色々ある

デスクトップパソコンには色々なファンがついています。大きく分けると3種類のファンが必要になります。

  • CPUクーラー…CPUに取り付けてCPUを冷却するファン
  • 吸気ファン…前面から冷えた空気を吸い込む
  • 排気ファン…暖かくなった空気を排出する

特にCPUを冷却するファンは重要で各社から冷却性能の高い社外ファンが発売されています。高性能PCを製作される場合は必須のパーツになります。

冷却装置の選び方

自分のCPUに適合しているか

社外ファンには必ず対応CPUが決まっています

自分のパソコンにあったファンを選び、出来るだけ冷却性能が高い製品を選びましょう。

マザーボードに取り付け可能か

CPUは対応していてもマザーボードのデザインによってはメモリが干渉して取り付けが出来ない場合もあります。

実際に購入する前に良く確認しておきましょう。

ケースに入るのか

最近のリテールファンは大型のものが多く、ケースに入らない場合もあります。

また大型の為、マザーボードには取り付け用のアタッチメント金具を付ける場合もあります。

うるさくないのか

冷却性能ばかりに目がいっていまい、見落としがちなのがファンの音です。「冷却性能が高い=ファンが大型or高回転」というのが基本です。

常時回っているファン、音の感じ方には個人差もありますので価格.com CPUクーラーなどを見て、口コミなどを参考にして見ると良いかと思います。

空気の流れを考えて設置する

トップフロータイプ

筆者のパソコンにも取り付けておりますが、ヒートシンクに上から風を当てるタイプです。

CPUだけでなくマザーボード、メモリなどにも風が当たり高い冷却効果を生みます。

しかし、ケース内のエアフロー(空気の流れ)を作るのには向いていません。

サイドフロータイプ

ヒートシンクに横から風を当てるタイプです。

上手く設置すれば排気ファンに向けて直接風を送れますので、ケースの内部に熱がこもらず冷却効果も高くなります。

しかし、メモリやマザーボードに風が当たらないので全体を冷却することは出来ません。

おわりに

いかがでしょうか、今回は高性能な自作パソコンにつきものの冷却装置についてご紹介しました。

日々進歩していく冷却装置、あなたのパソコンにぴったりの製品探しの参考になれば幸いです。

(image by 著者)